映像の逆光や色飛びの補正/After Effects CC 2019

2019/04/21
 
この記事を書いている人 - WRITER -
カズノコ
早稲田大学卒業→大手音響会社に新卒で就職→デジタルサイネージ向け動画の企画、編集などの業務に従事→田舎で映像フリーランスとして企業VP・株主総会動画・アプリ紹介動画・WEB動画教材コンテンツなど、企業様の動画コンテンツのオンライン編集をメインにお仕事を受注。 銭湯が好き。

カズノコ(@kazunokoblog)です!

今回は、After Effects CC 2019 を使用して、映像の中で逆光や色飛びをしてしまった素材の補正をする方法についての記事を書きます。カメラを初めて購入した人でマニュアル撮影してみたものの、素材を編集機やデバイスで確認してみると、部分的に色飛びをしてしまっていた。。。なんて人は結構いるのではないでしょうか。使えない素材ではないのだけれども、もうちょい色をなんとかしたい。そんな人に今回の記事を読んで欲しいです。今回は、After Effects CCでの色飛びの補正方法についてまとめますが、他にも映像編集のソフトは存在しますので、自分に合った編集ソフトで色補正をしてみてください。

白飛び、黒つぶれの対処方法

After Effects CC上で白飛びや黒つぶれを確認する簡単な方法は今の所ありません。(厳密にはかなり面倒くさい作業になるので今回は省略します。)今回は、撮影の時に白飛びや黒つぶれがないように、やっておいた方が良い設定、対処方法についてお伝えします。

ゼブラ機能

用途を問わず、大抵のカメラにはゼブラ機能というものが標準装備されています。ゼブラ機能とは、色がつぶれている部分をあみかけ表示で教えてくれる機能のことです。iPhoneでもアプリを使用すれば、この機能を使用することができます。下の写真をご覧ください。

こんな機能をみたことはありませんか?そうです。色がつぶれているところをゼブラ(シマウマ)のような模様でお知らせしてくれます。ちなみにこの映像は「iPhone SE」に「FiLMic Pro」というアプリを入れて設定しています。こんな便利機能があるので、撮影の際はこの機能について説明書を見てみると良いかと思います。

エフェクトを使用した補正方法

さて、それでは早速 After Effects CC で白飛びや逆光を補正する方法を2つご紹介します。「シャドウ・ハイライト」「平均化(イコライズ)」「露出」の3つのエフェクトでの補正方法です。使いやすい方法を選んで使用してみてください。

シャドウ・ハイライト

まず、「シャドウ・ハイライト」エフェクトを使用した補正方法についてです。このエフェクトは、逆光などで黒くなった部分や、強い照明などで白くなった部分を補正するエフェクトです。イメージのシャドウとハイライトと、その周辺のピクセルを基準に修正処理を行います。

それでは、修正処理を行いたい素材をコンポジションに読み込んでいきましょう。そして、「エフェクト<カラー補正<シャドウ・ハイライト」を適用しましょう。

「シャドウ・ハイライト」を適用すると下記のようなプロパティが表示されます。

各プロパティの詳細は下記の通りです。

量を自動補正 「オン」にすると、シャドウの量・ハイライトの量を自動で補正してくれます。
シャドウの量 「量を自動補正」をオフにして使用します。シャドウの量を0から100の数値で設定することができます。
ハイライトの量 「量を自動補正」をオフにして使用します。ハイライトの量を0から100の数値で設定することができます。
時間軸方向のスムージング 指定した特定のフレームのシャドウ、ハイライトを近くのフレームと比較して補正します。単位は秒です。
シーン検出 「オン」にすると、「時間軸方向のスムージング」で異なるシーンのフレームを無視するように設定されます。
詳細オプション 「シャドウの階調幅」

シャドウの色調範囲を詳細に設定することができます。数値が大きいほど、より多くの色調領域を調整することができます。

「シャドウの半径」

表示されるシャドウの半径を設定します。

「ハイライトの階調幅」

ハイライトの色調範囲を詳細に設定することができます。数値が大きいほど、より多くの色調領域を調整することができます。

「ハイライトの半径」

表示されるハイライトの半径を設定します。

「カラー補正」

シャドウとハイライトの設定で変化した領域のカラーの彩度を調整することができます。

「ミッドトーンのコントラスト」

中間の領域のコントラストを調整することができます。

「シャドウのクリップ」

画面内で最も暗いシャドウのカラーにクリップするシャドウの量を調整することができます。数値が大きいほど、コントラスト値が高くなります。

「ハイライトのクリップ」

画面内で最も明るいハイライトのカラーにクリップするハイライトの量を調整することができます。数値が大きいほど、コントラスト値が高くなります。

元の画像とブレンド 「シャドウ・ハイライト」エフェクトと元のイメージ素材との合成の割合を設定します。

さて、今回は白の領域の多い素材を「シャドウ・ハイライト」エフェクトで調整して見ました。下記がその差です。

白い部分の雲の箇所を少し強調したかったので、陰影のしっかりした画に仕上げてみました。写真のレタッチのような画になったので、好き好きが分かれそうですね。再生してみると少し目が痛い感じがしました。今回のプロパティは下記の通りです。

シャドウの量 33
ハイライトの量 43
シャドウの階調幅 50
ハイライトの半径 70
ハイライトの階調幅 50
ハイライトの半径 30
カラー補整 20
ミッドトーンのコントラスト 0
シャドウのクリップ 0.01
ハイライトのクリップ 0.01
元の画像とブレンド 17.0%

 

平均化(イコライズ)

次にご紹介するのは、「平均化(イコライズ)」というエフェクトを使用した黒つぶれ・白飛び補正の方法です。このエフェクトは、明るさとカラーを均一に補正してくれる超優秀なエフェクトです。イメージのピクセル値を変更して、全体の輝度、またはカラー成分を均一にします。ただし、アルファチャンネルの値が0の完全に透明なピクセルには適用されません。

それでは早速新規コンポジションに素材を読み込み、エフェクトを適用していきます。「エフェクト<カラー補正<平均化(イコライズ)」から選択することができます。

平均化(イコライズ)」を適用すると、下記のようなプロパティが出てきます。

これらのプロパティの詳細は以下の通りです。

イコライザー 平均化の基準となる設定を選択します。

「RGB」

赤、緑、青の成分を基準にしてイメージを平均化します。

「明るさ」

各ピクセルの明るさを基準にしてイメージを平均化します。

「Photoshopスタイル」

ピクセルの明るさの値を分散し直して平均化し、輝度レベルの範囲全体で均一にします。

イコライザー量 再分散する輝度値の量を設定します。数値が大きいほど、拡散される量が多くなります。

さて、このプロパティ詳細を元に、先ほどの動画を調整してみました。

こちらのエフェクトでの動画の補整はめちゃくちゃ優秀だと思いました。この補整にかけた手間はボタン一つだったからです。なんと、初期設定のままでここまでの補整ができました。しかも、「シャドウ・コントラスト」を使用した際の問題点であった、「コントラストをあげるとチカチカする」「初期設定のままだと白い部分が淡すぎる」ということはほとんどなかったです。一応プロパティを載せておきますがこれは初期設定のままです。

イコライザー 各項目全て
イコライザーの量 100%で統一

露出

次の補整方法は、エフェクトの「露出」を使用します。カメラの露出設定を再現するためのエフェクトです。ちなみに今使用している映像素材はログ撮影という手法で色情報の多い淡いものをあえて撮っています。このような撮影方法で撮られた素材に対して「露出」のエフェクトを使用することは理にかなっていると考えられます。こちらのエフェクトは、カメラの露出設定を変更した結果をシュミレートし、色調を補整します。そして、イメージのカラースペースではなく、リニアカラースペースで計算されます。

リニアカラースペース(リニアワークフロー)で作業すると何が変わるの?

こんな疑問が出てくると思います。これはかなり難しいお話になるので今回は簡単にご説明します。人間の知覚している光の量と機械上で演算処理されて編集画面で見る光の量には差があります。人間の目は光を知覚する際、感じ方がシチュエーションによって変化するよう処理されます。わかりやすい例をあげるとするなら、街灯の光です。夜の街灯の光と、薄明るい時間帯に見る街灯の光は同じ光量のはずなのに夜の街灯の光の方が明るく(眩しく)見えませんか?これは、人間の目が錯覚しているからです。簡単にいうと、同じように機械が処理する場合、両方の光は同じ光量であると認識します。ここでいう人間の知覚する光量をノンリニアといい、機械の認識する光量をリニアと呼びます。ノンリニア、つまり人間の視覚上のガンマは曲線を描きます。リニアはこの曲線を直線に直してくれます。基本的にカラコレやCG、VFX作業をする際、リニアのワークフローで行われます。このようにガンマの曲線をリニアライズ(直線化)したリニアワークフローのことを「リニアカラースペースで作業する」といいます。それでは、リニアカラースペースで作業することの利点を上げていきます。

・白飛びしにくい。
・合成が明るくなる。
・ブラーがよりボケる。
・ハロー現象を抑えられる。

主にこの4点です。ハロー現象とは、撮影した際カメラに太陽のフレアが出ている状態のことをいいます。極寒の地では寒暖差でよく出ると言われていますが、日常生活の中でもこの現象が現れるスポットは多く存在します。意図せずこのような現象が起きているのに録画してしまうと最悪ですよね。それを少しでも和らげるというのが利点でもあります。また、リニアカラースペースで作業するのはカラコレをしたりする際はほぼマストでついてくる機能です。例えばLUTもそうです。「別記事:Lumetri カラーを使用したカラー・コレクション」でAfter EffectsのLUT機能について書いているので興味がある方はそちらも是非チェックしてみてください。「露出」エフェクトはカラー・コレクションをしやすい処理スタイルであることは間違いないでしょう。

さて、それでは早速適用したい素材を読み込み「露出」を適用していきましょう。「エフェクト<カラー補整<露出」から適用することができます。

「露出」を適用すると下記のようなプロパティが出てきます。

こちらのプロパティの詳細は以下の通りです。

チャンネル 調整を行うチャンネルを「マスター」「個別のチャンネル」から選択します。
マスター/赤/緑/青 マスター、およびRGBそれぞれのチャンネルで、露出の調整を行います。

「露出」

カメラの露出設定をシミュレートして、ライトの強さを変更します。単位はF値

「オフセット」

ハイライトの変更を最小に抑えた状態で、シャドウとミッドトーンの明るさを設定します。

「ガンマ補整」

光量直線を調整する際に使用するガンマ値を設定します。数値が大きいほど明るく(白に近く)、小さいほど暗く(黒に近く)なります。

リニアライトの変換を回避 未処理のピクセル値にエフェクトを適用する場合に「オン」にします。

この詳細を元に調整したものが下記の図です。

今回のプロパティは以下の通りです。マスターのみを調整しています。

チャンネル マスター
マスター 露出:-0.25

オフセット:-0.0600

ガンマ補正:1.76

リニアライトの変換を回避 チャックなし

カメラの設定基準でシャドウの調整ができるオフセットは今回の素材に対してはとてもありがたい機能だと感じました。単純にシャドウを調整するよりこちらのマスターでの調整は他のエフェクトとは比較にならないほど優秀でした。

まとめ

今回は、「白飛び」や「黒つぶれ」を補正することにフォーカスしたAfter Effectsの標準エフェクト3つ(「シャドウ・ハイライト」「平均化(イコライズ)」「露出」)を紹介しました。あくまで今回の記事では、光の調整ということにフォーカスしているので、色全体を補正するのは話が別になります。色全体のカラー・コレクションを行いたい場合は、After EffectsではLumetriカラーを使用することをおすすめします。「別記事:Lumetriカラーを使用したカラーコレクション/After Effects CC 2019」で映像全体のカラーコレクションについて紹介しているので、興味がある方は合わせてお読みください。

スポンサーリンク



この記事を書いている人 - WRITER -
カズノコ
早稲田大学卒業→大手音響会社に新卒で就職→デジタルサイネージ向け動画の企画、編集などの業務に従事→田舎で映像フリーランスとして企業VP・株主総会動画・アプリ紹介動画・WEB動画教材コンテンツなど、企業様の動画コンテンツのオンライン編集をメインにお仕事を受注。 銭湯が好き。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© カズノコブログ , 2019 All Rights Reserved.