テキストレイヤーの便利機能4選/After Effectsの使い方

 
この記事を書いている人 - WRITER -
カズノコ
カズノコです。 趣味は自主映画制作、写真撮影、サブカルチャー開拓、銭湯です。 映像編集(After Effects,Premiere Pro)や画像編集(Photo shop,Illustrator)についての情報を発信しています!

こんにちは!カズノコです!
今回は、Twitterで特に反響の大きかったものも含めてテキストレイヤーの便利機能4選をまとめて紹介したいと思います!

1ソーステキスト

テキストレイヤー1つでテキストを変更したい時に、ソーステキストを使うと便利です!

2パスに沿って配置

パスに沿ってテキストを配置するのはPhotoshopやIllustratorでもよくやられるものですね。

もちろんAfter Effectsでもその機能はあります。

マスクパスを描いて、パスのオプションからパスを選択しましょう。

3タイムコードの入れ方

これが一番反響が大きかったです。ソーステキストのエクスプレッションを記入するやり方です。
有料でタイムコードをいれるものもあるそうなのですが、エクスプレッションの例文を簡単に選択できるので、こちらを使った方がいいと思います。

タイムコードにしたテキストレイヤーはガイドレイヤーにしておくと書き出す時に便利だと思います。

4文字間の調整

文字単位で文字間を調整する方法はとても簡単です。
alt(Windows)、またはoption(Mac)を押しながら矢印キーでカーニングの調整ができます。

まとめ

今回紹介したものはテキストレイヤーの機能のほんの一部にすぎません。 アニメーターを使ったりするとさらに面白い演出ができますので是非やってみてください。関連する動画を載せておきます↓

スポンサーリンク



この記事を書いている人 - WRITER -
カズノコ
カズノコです。 趣味は自主映画制作、写真撮影、サブカルチャー開拓、銭湯です。 映像編集(After Effects,Premiere Pro)や画像編集(Photo shop,Illustrator)についての情報を発信しています!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© カズノコブログ , 2020 All Rights Reserved.