テキストレイヤーの便利機能4選/After Effectsの使い方

こんにちは!カズノコです!
今回は、Twitterで特に反響の大きかったものも含めてテキストレイヤーの便利機能4選をまとめて紹介したいと思います!

1ソーステキスト

テキストレイヤー1つでテキストを変更したい時に、ソーステキストを使うと便利です!

2パスに沿って配置

パスに沿ってテキストを配置するのはPhotoshopやIllustratorでもよくやられるものですね。

もちろんAfter Effectsでもその機能はあります。

マスクパスを描いて、パスのオプションからパスを選択しましょう。

3タイムコードの入れ方

これが一番反響が大きかったです。ソーステキストのエクスプレッションを記入するやり方です。
有料でタイムコードをいれるものもあるそうなのですが、エクスプレッションの例文を簡単に選択できるので、こちらを使った方がいいと思います。

タイムコードにしたテキストレイヤーはガイドレイヤーにしておくと書き出す時に便利だと思います。

4文字間の調整

文字単位で文字間を調整する方法はとても簡単です。
alt(Windows)、またはoption(Mac)を押しながら矢印キーでカーニングの調整ができます。

まとめ

今回紹介したものはテキストレイヤーの機能のほんの一部にすぎません。 アニメーターを使ったりするとさらに面白い演出ができますので是非やってみてください。関連する動画を載せておきます↓

AEの勉強+お仕事をとるノウハウなどをまとめた講座のご紹介

カズノコが自らの体験を元にAfter Effectsの初心者向けに作った講座を販売しております。
After Effectsの基礎講義、提案講義、営業講義が含まれたお仕事に直結するノウハウを凝縮した講座となっております。
興味がある方は下記よりご確認ください。

After Effectsの基礎から案件獲得までのノウハウをまとめたオンライン講座

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です