シェイプレイヤーのパスの結合について[結合・追加・型抜き・交差・中マド]/Adobe After Effects CCの使い方

2019/11/15
 
この記事を書いている人 - WRITER -
カズノコ
カズノコです。 趣味は自主映画制作、写真撮影、サブカルチャー開拓、銭湯です。 映像編集(After Effects,Premiere Pro)や画像編集(Photo shop,Illustrator)についての情報を発信しています!

カズノコです。今回は、Adobe After Effects CCのシェイプレイヤーの使い方について解説します。[パスの結合]についてそれぞれ見ていきたいと思います。今回はモーショングラフィックスの制作を考えているAE初心者にとっては覚えておくと便利な知識になると思います。

パスの結合とは

ではまず、パスの結合の機能について解説します。[パスの結合]とは、以下の5つのモードが存在します。

  1. 結合
  2. 追加
  3. 型抜き
  4. 交差
  5. 中マド

おや?どこかで見たことのある機能ですね。そうです。Illustlatorでも同様な機能がありますので、もしかすると、そちらの方が身に覚えのある方が多いのかもしれません。Illustratorでは[パスファインダー]の[形状モード]という機能が同様の働きをしてくれます。

前提

今回は、[塗り]と[線]の異なる2種類の円を使ってパスの結合を行なっていきます。

同一のシェイプレイヤーの中に2つの異なる円を作っておきましょう。塗りが黒の円を上にして配置している状態です。[下図参照]

ここに、[追加]から[パスの結合]を選択しましょう。

すると、パスの結合の項目が[白]の下に出てくると思いますので、これで準備完了です。

パスの結合の種類

それでは早速5パターン見ていきましょう。

結合

まずは、[結合]です。

[線]と[塗り]が統一され、線はどちらも結合され残る形になりました。

追加

次に、[追加]です。

これは、重なり合った[線]が消滅し、[塗り]に置き換えられるパターンです。吹き出しや雲のイラストに代替できそうな機能ですね。

型抜き

次に、型抜きです。

上側の形が保たれ、下側にシェイプが削除された形です。[塗り][線]共に下のシェイプの一番最近作った色になるようです。三日月模様のイラストにもできそうですね。

交差

次に、交差です。

二つのシェイプが重なり合う共通する部分の面積が形作られます。[塗り]と[線]は下のシェイプのものが保管されました。数学の授業でこのようなことをやりましたね。共通集合(交差)などと呼ばれたものと同じです。

中マド

次に、中マドです。[結合]との違いがわかりにくかったので、背景を赤くしています。

中窓は重なり合った部分のみを削除した形です。全体から交差を切り抜いたような感じです。
[塗り]と[線]は下のシェイプのものが反映されています。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
これらを応用して作業効率を上げていけるといいですね。なにせ1レイヤーで完結するのでとても魅力的です。

おすすめ記事はこちら↓

独学でAfter Effectsを学ぶのにおすすめな本【VFX・モーショングラフィックス・アニメーション】

スポンサーリンク



この記事を書いている人 - WRITER -
カズノコ
カズノコです。 趣味は自主映画制作、写真撮影、サブカルチャー開拓、銭湯です。 映像編集(After Effects,Premiere Pro)や画像編集(Photo shop,Illustrator)についての情報を発信しています!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© カズノコブログ , 2019 All Rights Reserved.