文字をバラバラに分解する神スクリプト「GG 文解」無料配布!?レビューしてみた/After Effects CC

2019/12/26
 
この記事を書いている人 - WRITER -
カズノコ
早稲田大学卒業→大手音響会社に新卒で就職→デジタルサイネージ向け動画の企画、編集などの業務に従事→田舎で映像フリーランスとして企業VP・株主総会動画・アプリ紹介動画・WEB動画教材コンテンツなど、企業様の動画コンテンツのオンライン編集をメインにお仕事を受注。 銭湯が好き。

カズノコです。今回は、話題の神スクリプト「GG 文解」を徹底レビューしていこうと思います。After Effectsのスクリプトを入れる方法は下記記事で解説しているのでご参照ください。

Adobe After Effects CCでスクリプトを入れる方法

 

GG 文解とは

先日、Twitterを徘徊していると、とあるツイートを見つけました。それがこちらです。

この「GG 文解」というスクリプトが有料級のクオリティだったので今回レビューしていきます。

このスクリプトでは、テキストレイヤーをシェイプレイヤーに変換し、5つのモードでシェイプをワンクリックで分解することができます。ざっと概要は下記(格納テキストファイルより引用)のような感じです。

  1. 制作者:γしめぢ
  2. 動作確認済み環境:After Effects CC 2019(記事作成11月時点)
  3. 禁止事項:改造、二次配布、改造物の二次配布
  4. 導入方法:jsxファイルとBK_iconフォルダをScriptUI Panelsフォルダへ入れ、ウィンドウより実行
  5. 可能操作①:テキストのシェイプレイヤーを作成
  6. 可能操作②:テキストの改行ごとにシェイプレイヤーを分割して作成し、アンカーポイントを中央に配置
  7. 可能操作③:テキストの空白と改行ごとにシェイプレイヤーを分割して作成し、アンカーポイントを中央に配置
  8. 可能操作④:テキスト1文字ずつシェイプレイヤーを分割して作成し、アンカーポイントを中央に配置
  9. 可能操作⑤:テキストパスの穴空き構造を結合しつつ、分割した構造ごとにシェイプレイヤーを分割し、アンカーポイントを中央に配置

操作④、⑤が特によく使うことになりそうです。操作①〜⑤は、アイコンをクリックして変更し、テキストのTのマークで実行されるようです。ちなみに、右端のマークをクリックして青くなっている状態で適用すると、プリコンポーズされます。


ダウンロード先

ダウンロード先は2箇所ありますのでお好きな方からダウンロードいただけます。下記のどちらかの方法でダウンロードできます。

  1. 制作者のTwitterのダウンロードリンク
  2. sescriptsのページで料金を自由に設定してダウンロード

aescriptsのダウンロードページはこちらです。

5つの機能の紹介

ここからは、5種類の機能について詳しくみていきたいと思います。

テキストのシェイプレイヤーを作成

白丸マークで適用した際、テキストをシェイプレイヤーに変換してくれます。通常だと、テキストレイヤーを右クリックしてテキストからシェイプを作成するのですが、ワンクリックでできてしまうのは効率化に繋がりそうです。

テキストの改行ごとにシェイプレイヤーを分割して作成し、アンカーポイントを中央に配置

次に、2つ目のマークです。改行されているテキストが改行ごとにシェイプレイヤーとして作成されるみたいです。

これもタイポグラフィを作る時に役立ちそうですね。

テキストの空白と改行ごとにシェイプレイヤーを分割して作成し、アンカーポイントを中央に配置

次に、3つ目のマークです。これは、改行にプラスして空白を開けておくと、そこも分割してシェイプとして配置してくれるようです。

テキスト1文字ずつシェイプレイヤーを分割して作成し、アンカーポイントを中央に配置

次に、4つ目です。これは、1文字ずつシェイプを分割してくれる+アンカーポイントを中央に配置してくれるというものです。

これだけでも十分ありがたいのですが、次注目です。

テキストパスの穴空き構造を結合しつつ、分割した構造ごとにシェイプレイヤーを分割し、アンカーポイントを中央に配置

次に、5つ目です。これは神機能です。穴開きの部分を結合し、分割した構造ごとにシェイプレイヤーを作成し、アンカーポイントは中央へ配置するというものです。何を言っているかわからないかもしれませんが、つまりは下図のようなことが一発でできるということです。

これがワンクリックでできるのはやばいですね。

まとめ

個人的にはアンカーポイントを中央に配置してくれるのはとてもありがたいです。現在、ちょうど11月上旬のAdobe After Effecrsのアップデートのタイミングですので、2020年度verにも入れておくといいかもしれません。

YouTube内OPタイポグラフィで使っている素材

 音楽

シンセサイザー等の電子音を使ったデジタル・ロック(15秒バージョン)です。ジングルや長めのサウンド・ロゴ等に最適です。

グリッチエフェクト

タイトルロゴグリッチエフェクト。テクストにも適用できます。

おすすめ記事はこちら↓

独学でAfter Effectsを学ぶのにおすすめな本【VFX・モーショングラフィックス・アニメーション】

スポンサーリンク



この記事を書いている人 - WRITER -
カズノコ
早稲田大学卒業→大手音響会社に新卒で就職→デジタルサイネージ向け動画の企画、編集などの業務に従事→田舎で映像フリーランスとして企業VP・株主総会動画・アプリ紹介動画・WEB動画教材コンテンツなど、企業様の動画コンテンツのオンライン編集をメインにお仕事を受注。 銭湯が好き。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© カズノコブログ , 2019 All Rights Reserved.