YouTubeのナレーション入れに最適!Premiere Proで録音する方法

 
この記事を書いている人 - WRITER -
カズノコ
カズノコです。 趣味は自主映画制作、写真撮影、サブカルチャー開拓、銭湯です。 映像編集(After Effects,Premiere Pro)や画像編集(Photo shop,Illustrator)についての情報を発信しています!

カズノコ(@kazunokoblog)です。今回は、Adobe Premiere Proで内臓マイクで録音する方法について解説します。
昨今、YouTubeでもナレーションを入れて動画編集する場面もあるのではないでしょうか。Adobe Premiere Proでは、コンデンサーマイクなどの高性能な外付けのマイクロフォンがなくとも、PCの内臓マイクを使用し、Premiere Pro内で動画に合わせてナレーションなどの収録を行い、タイムラインに音声データとして読み込むことができます。

※今回の方法は内臓マイクでの音収録のため、PCのスペックなどに依存します。高性能なナレーションが必要な場合はAdobeのライセンスをお持ちの場合は「Adobe Audition CC」や音声業界水準の音声ソフト「ProTools」、または「Logic」のようなソフトにコンデンサーマイクロフォンを接続し収録することをオススメします。

それでは早速やり方をみていきましょう!

録音の手順

Adobe Premiere Proで録音する手順は、下記のワークフローで行います。

  1. マイクの設定(今回は内臓マイクで収録します。)
  2. プリロールの設定
  3. 音声収録
  4. 音声ボリューム調整

2のプリロールとは、合図を出して何秒後に録音を開始するかの時間のことです。

マイクの設定

まず、マイクの設定は[Premiere Pro]<[環境設定]<[オーディオハードウェア]からPremiere Proに入力するマイクを選択します。

今回は、内臓マイクに設定して仮ナレ(または、急ぎのYouTube投稿のためのナレーション収録)を想定します。

入力チャンネルの準備(初めは必ず確認しましょう!)

次に録音するオーディオトラックの準備をします。オーディオトラックが下記のようになっていることを確認してください。

Recボタンがない時のトラブルシューティング

たまに、デフォルト設定でRecボタンがない時があります。そんな時は、オーディオヘッダーのカスタマイズを行います。タイムラインの表示設定からオーディオヘッダーのカスタマイズを選択しましょう。

すると、下記のようなカスタマイズボタン(ボタンエディター)の一覧が出てきます。Recボタンをオーディオトラックにドラッグすると、全てのオーディオトラックに反映されます。

これで録音するためのオーディオトラックの設定は完了です。

録音(プリロール)の設定

次にプリロールの設定を行います。デフォルトではRecボタンを押して3秒後に収録される設定になっています。この設定の仕方について解説します。
まず、オーディオ表示の欄を右クリックして[ボイスオーバー録音設定]を選択します。

すると、次のようなボイスオーバー録音設定が出てきます。この中の、[プリロール]の秒数がRecボタンを押して何秒後に録音が開始されるかを設定する項目です。

今回はデフォルトの3秒のままにしておきますが、0秒にして時短設定にしておくこともできます。

録音

さて、これで録音のための全ての設定が終わりました。録音していきましょう!
録音するには録音ボタンを押して、プリロールで設定した秒数が経つと録音が開始されます。今回は、3秒に設定していますので、録音ボタンを押して3秒後に録音がスタートされます。録音ボタンを押してからの3秒間は、カウントダウンが表示されます。

タイムラインに何も表示されていませんが、しっかり録音されています。


録音を止めるには、スペースキーを押します。スペースキーを押して録音を止めると、タイムライントラックに録音した素材が書き込まれます。


これで、録音が一通り完了しました。

録音した音声のボリューム調整

最後に、録音した音声のボリューム調整の方法です。[-∞dB〜+6.0dB]で音量を調整することができます。

エフェクトコントロールでキーフレームを打って音量を調整するやり方と、オーディオトラック内でより視覚的に音量調整をする方法があります。今回は、よりわかりやすいやり方(オーディオトラック内で音量調整をする方法)について解説します。
まず、音量調整するトラックの表示ボタンの何もない部分をダブルクリックして、編集しやすくしましょう!

次に、アンカーポイントを打ち、音量を徐々に上げてみます。アンカーポイントは、タイムラインの真ん中の線の上でCommandキーを押しながらクリックすると打てます。
2箇所打って後ろのアンカーポイントだけを上に持ち上げると音量が徐々に上がっていく表現(フェード)ができます。

+6.0dB以上音量を上げたい場合の対処法

6.0dB以上音量を上げる音質が悪くなる(ノイズの原因になる)かもしれないのであまり推奨はしませんが、+6.0以上上げる方法はあります。
まず、オーディオトラックを右クリックし、オーディオゲインを選択します。
オーディオゲインの調整パネルが出てくるので、[ゲインの調整]の右側の数値を上げたい数値に書き換えます。

まとめ

今回は、Adobe Premiere Pro CCを使用し、内臓マイクで音を録音する方法について解説しました。この方法ができると、急なYouTbeの編集で急いでいるけど補足的にナレーションを入れたい場合や、ナレーターさんに伝えるための仮ナレの収録に最適だと考えられます。あまり音に気にしない方であれば、ナレーションとして入れつつ、BGMも入れて誤魔化すこともできると思います。

スポンサーリンク



この記事を書いている人 - WRITER -
カズノコ
カズノコです。 趣味は自主映画制作、写真撮影、サブカルチャー開拓、銭湯です。 映像編集(After Effects,Premiere Pro)や画像編集(Photo shop,Illustrator)についての情報を発信しています!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© カズノコブログ , 2019 All Rights Reserved.