弾けるロゴアニメーション/アフターエフェクトでできること

2019/09/27
 
この記事を書いている人 - WRITER -
カズノコ
早稲田大学卒業→大手音響会社に新卒で就職→デジタルサイネージ向け動画の企画、編集などの業務に従事→田舎で映像フリーランスとして企業VP・株主総会動画・アプリ紹介動画・WEB動画教材コンテンツなど、企業様の動画コンテンツのオンライン編集をメインにお仕事を受注。 銭湯が好き。

カズノコです。今回は、モーショングラフィックスの中でも、物体が弾む時の効果的なアニメーションの作り方について解説します。もちろん、プラグインなしで作っていきます。

手順1(CC Particle Worldの適用)

背景の平面レイヤーを作成

Command + Yで平面レイヤーを作成します。今回はホワイト平面を背景とします。

Particle_01(赤丸のパーティクル)

丸いシェイプを作成する[Circle_01]

次に、パーティクルのテキストとするためのシェイプを作成します。(標準エフェクトのCC Particle Worldには純粋な丸の単色シェイプが備わっていないので、マップ用に新規でシェイプを作る必要があります。)

まず、円形のシェイプを作成しましょう。

Particle_01用の平面レイヤーを作成する

もう一つ平面レイヤーを作成します。名前を[particle_01]としておきます。

ここに、[エフェクト<シミュレーション<CC Particle World]を適用します。

{Particle}を設定

まず、[Particle]の項目で丸いシェイプをテクスチャとして設定し、粒の大きさ、形のランダム数値を設定します。下図をご参照ください。赤枠の箇所を変更しました。Birth Sizeはお好みで3くらいでもいいかも。。

次に、色の変化をつけるために、[Opacity Map]と[Custom Color Map]をいじって、最後に黒くなるアニメーションにしておきます。

[Physics]の設定

[Velocity]はパーティクルが発生するスピードのことです。ここの値を0.5にしておきます。次に、[Physics]のGravityを0に値を変更しておいてください。これは重力の値です。数値がプラスになるほど下向きの重力がかかります。

Birth Rateの設定

これは、パーティクルが発生する量の値のことです。下記のように1フレーム目を0、2フレーム目を10、3フレーム目を0にキーフレームを打ちましょう。

※シェイプレイヤー[Circle_01]は非表示にしておきましょう。テクスチャにするレイヤーは非表示にしてもしっかり他レイヤーに適用してくれます。

シェイプの色を変更

この行程は最後でもいいのですが、シェイプレイヤー[Circle_01]の塗りの色を変更しておきましょう。何色でもいいのですが、僕はまず赤にしました笑

 

Particle_02~04(丸や三角や四角の複数の色を作る)

では次に、[Partcle_01]と[Circle_01]を複製して数値を変更しましょう。シェイプレイヤーの形を変更すれば、様々な形に変更することができます。ここでは、一種類数値の変更の仕方を解説します。

Particle_02

まずは色を変更して、散らばり方を変更してみましょう。まずは[Particle_01]と[Circle_01]を複製しましょう!

次に、Circle_02の色を変更しましょう。今回は青系にしてみました。

[Particle_02]のCC Particle Worldのプロパティを変更していきましょう。主に変更するのは下記2点。

  1. Particle<Texture<Texture Layer
  2. Extras<Random Seed ※ここの数値を変えるとランダム数値が変更されます。

上記の図のような感じです。これで下記のようになります。

さて、こんな感じでいろんな色や形のパーティクルを作っていってみましょう。

いくつか作ってみました。いくつか足していくとだんだん「パーティクル多いな!」と思うかもしれないので、臨機応変にBirth Sizeの2フレームを変更してみるといいと思います。僕は下記のようにしてみました。

一旦これで作ったParticleをまとめてプリコンポーズしておきましょう。

これで一旦パーティクルは制作完了です。

手順2(ロゴのアニメーションを作成)

次に、色が変わっていくロゴアニメーションを作成します。

ロゴを読み込む or シェイプを作成

今回はシェイプレイヤーを使ってを軽いロゴを作成しました。

カズノコくんです。
さて、スケールを調整してロゴの出現を作りましょう。

こんな感じ。

次に、ロゴがいろんな色になりながら出現する表現を作ります。ロゴのレイヤーを3つほど複製し、色を変更しましょう。

紫、シアン、ピンクにしました。

最後に残って欲しい色のロゴを一番上にして、ロゴのレイヤーをずらしていきます。

こんな感じです。Particleも出現のタイミングにずらして完成です。

まとめ

いかがでしたか?ロゴの出現としては使い勝手の良さそうなアニメーションになったと思います。

ちなみに、有料プラグイン「Trapcode particler」を使えば、さらに簡単に高品質なものができるので、興味のある方はそちらのサイトもみてみるといいかもしれません。

有料プラグインを使用したチュートリアルはコチラです↓

スポンサーリンク



この記事を書いている人 - WRITER -
カズノコ
早稲田大学卒業→大手音響会社に新卒で就職→デジタルサイネージ向け動画の企画、編集などの業務に従事→田舎で映像フリーランスとして企業VP・株主総会動画・アプリ紹介動画・WEB動画教材コンテンツなど、企業様の動画コンテンツのオンライン編集をメインにお仕事を受注。 銭湯が好き。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© カズノコブログ , 2019 All Rights Reserved.