テーパーを使ったモーショングラフィックス書き順テキストアニメーションの作り方/Adobe After Effects 2020

2020/09/19
 
この記事を書いている人 - WRITER -
カズノコ
早稲田大学卒業→大手音響会社に新卒で就職→デジタルサイネージ向け動画の企画、編集などの業務に従事→田舎で映像フリーランスとして企業VP・株主総会動画・アプリ紹介動画・WEB動画教材コンテンツなど、企業様の動画コンテンツのオンライン編集をメインにお仕事を受注。 銭湯が好き。

こんにちは!カズノコです!
今回は、書き順テキストアニメーションの最新バージョンを伝授していきたいと思います!
これは、テーパーというAfter Effects2020で搭載された新機能を使った方法になります。
日本で解説されているところがほとんどなかったので私が解説します。
テーパーは周りのクリエイターでも感度の高い人はちょくちょく使い始めている印象です。
今回はフラットデザインのアニメーションが初心者でも一番やりやすいと思いましたので2Dで作っていこうと思います。


手順1:コンポジション内に平面レイヤーとテキストを配置

まず、新規コンポジションを作成しましょう。

そこに、平面レイヤーをテキストを配置しましょう。

テキストはガイドになれば良いので、ガイドレイヤーにし、ロックをかけておきましょう。不透明度も下げてあくまでもガイドとして使うようにしましょう。今回は、不透明度30%にしました。

配色は、Adobe Colorテーマを使っています。

手順2:シェイプレイヤーを作成

次に、シェイプレイヤーを作成し、1文字ずつなぞってレイヤーを作っていきます。

手順3:テーパー で線に緩急をつける

まず、線幅を線の最大のところに合わせて、テーパー の「先端部の長さ」と「後端部の長さ」を調整しましょう。

開始幅と終了幅を上げることで少しずつ先端を太くすることができます。「イーズの開始」と「イーズの終了」はそれぞれの滑らかさを調整できるようです。

この時、長さの単位をピクセルにしておきましょう。パーセントだと、パスのトリミングのアニメーションで違和感が出ました。
次に、パスのトリミングを追加し、アニメーションをつけましょう。

この時、パスのトリミングをそれぞれの辺に割り当てておくと、細かくタイミングを調整することができます。

次に、パスにキーフレームを打ち、動かします。

これを全てのテキストに適用しましょう。

出現のタイミングとシャドウ

最後に出現のタイミングをレイヤーをずらすことによって変更していきます。

テキストのみをプリコンポーズし、エフェクト&プリセットからドロップシャドウを適用しましょう。

これで完成です!結構よくないですか?

AEの勉強+お仕事をとるノウハウなどをまとめた講座のご紹介

カズノコが自らの体験を元にAfter Effectsの初心者向けに作った講座を販売しております。
After Effectsの基礎講義、提案講義、営業講義が含まれたお仕事に直結するノウハウを凝縮した講座となっております。
興味がある方は下記よりご確認ください。

After Effectsの基礎から案件獲得までのノウハウをまとめたオンライン講座

スポンサーリンク



この記事を書いている人 - WRITER -
カズノコ
早稲田大学卒業→大手音響会社に新卒で就職→デジタルサイネージ向け動画の企画、編集などの業務に従事→田舎で映像フリーランスとして企業VP・株主総会動画・アプリ紹介動画・WEB動画教材コンテンツなど、企業様の動画コンテンツのオンライン編集をメインにお仕事を受注。 銭湯が好き。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© カズノコブログ , 2020 All Rights Reserved.