モーショングラフィックス汎用テクニック〜いろんなシェイプが散る演出〜/Adobe After Effects CC

2019/11/15
 
この記事を書いている人 - WRITER -
カズノコ
早稲田大学卒業→大手音響会社に新卒で就職→デジタルサイネージ向け動画の企画、編集などの業務に従事→田舎で映像フリーランスとして企業VP・株主総会動画・アプリ紹介動画・WEB動画教材コンテンツなど、企業様の動画コンテンツのオンライン編集をメインにお仕事を受注。 銭湯が好き。

カズノコです。今回は、Adobe After Effects CCのシェイプレイヤーを使用してモーショングラフィックスでよく使われる演出を紹介しようと思います。いろんな図形のシェイプが散っていくようなモーショングラフィックスを作ってみました。

ポイント

今回のコンテンツ作る際のポイントはシェイプのです。全てのシェイプを複製して、不透明度を一定数下げてずらすことで影を作ります。これがあるのとないのではかなり印象が変わると思います。立体感のあるグラフィックスが演出できるので、是非真似してみてください。

準備

新規コンポジション作成

それではまず新規コンポジションを作成しましょう。フルHD(1920×1080)で5秒のデュレーションで作成しましょう。

背景の平面レイヤーを作成

次に、背景となる平面レイヤーを作成しましょう。今回は、濃いグレーの平面レイヤーを作成しました。

手順1(シェイプ1:円)

さて、それでは早速円のシェイプを作成していきましょう。

新規シェイプレイヤーを作成

まず、新規シェイプレイヤーを作成しましょう。

次に、楕円形ツールをダブルクリックし、円形のシェイプを作りましょう。

楕円形パスから、一度鍵マークを外して、正円になるように値を書き換えて、再び鍵をしておきます。この時、シェイプの線は白色、塗りはなしにしておきましょう。

10フレームかけてサイズが0→400になり、線幅が200→0になるようにキーフレームを打ちましょう。

この4つのキーフレームにイージーイーズ(F9)をかけておきましょう。グラフエディターの速度グラフは、下記のようにしておくと、良い感じになります。

影をつける

次に、今回のキーとなる影をつける作業をしましょう。と言っても難しいことではありません。楕円形のシェイプを同じシェイプレイヤー内で作った円を複製し、ずらして不透明度を15%まで落とすだけです。

こんな感じです。これで円のシェイプは完成です。シェイプレイヤーの名前を[円]に変更しておきます。


手順2(シェイプ2:線)

次に、線のシェイプを作りましょう。

ペンツールで線を描く

シェイプレイヤーを作成し、ペンツールを使用し、Shiftキーを押しながら描きましょう。

これでは長すぎますね。シェイプのトランスフォームからサイズの鍵を外しx座標の値を下げておきましょう。

こんな感じでしょうか。

パスのトリミング

次に、パスのトリミングを追加し、線の開始と終了点をキーフレームで制御していきましょう。

終了点0で5フレーム後に100にキーフレーム。開始点は5フレ後まで0で10フレーム後100に変化するようにキーフレームを打ちましょう。

線端の変更

次に、線はしを丸型に変更しましょう。

影をつける

円のシェイプと同様に影をつけましょう。

これで完成です。シェイプレイヤーの名前を[線]にしておきましょう。

手順3(シェイプ3〜6:図形)

次に、様々な形のシェイプレイヤーを作っていきましょう。今回は、三角形と四角形のシェイプを作っていきます。

シェイプ3(三角形)

まず、シェイプレイヤーを作成し、多角形ツールで頂点の数を3つに変更し、三角形のシェイプを作成しましょう。

変更するプロパティは下記の通りです。

  1. 線<線幅
  2. トランスフォーム<多角形:スケール
  3. トランスフォーム<多角形:回転
  4. トランスフォーム<多角形:不透明度
  5. トランスフォーム<多角形:スケール
  6. 位置

以上です。

まず、スケールが15フレームかけて、0→70になるようにしましょう。
次に、回転は15フレームかけて、0°→180°になるようにし、イージーイーズをかけておきましょう。速度グラフは下記の通りです。

次に、不透明度は5フレーム後まで100%で5フレームから15フレームにかけて0%になるようキーフレームを打ちましょう。
線幅は、5フレーム後まで10で5フレームから15フレームにかけて0になっていくようにキーフレームを打ちましょう。

位置

次に、三角形の位置を調整しましょう。キーフレームを2箇所打ち、プレビュー画面で動きの角度を調整できますので、この手順でやっていきましょう。

影をつける

今までのシェイプレイヤーと同様に、影をつけましょう。

この要領で、逆サイドに三角形をもう一つ作りましょう。あとはお好みで丸や四角などのシェイプを同様の手順で作っていきます。

今回はこんな感じの導線のシェイプをそれぞれ作りました。

手順4(エフェクトの適用)

シェイプをプリコンポーズ

最後に、シェイプを全て選択した状態で、プリコンポーズしておきます。名前は[shape]としておきました。

エフェクトを追加

最後に、プリコンポーズしたコンポジションに[エフェクト<スタイライズ<グロー]を適用して完成です。


まとめ

いかがでしたでしょうか?シェイプの位置の動かし方が少し難しかったかもしれません。
影をつけるテクニックは、編集のクオリティアップに一役かってくれると思いますので、是非使ってみてください。それではまた次の記事、動画でお会いしましょう。

おすすめ記事はこちら↓

独学でAfter Effectsを学ぶのにおすすめな本【VFX・モーショングラフィックス・アニメーション】

スポンサーリンク



この記事を書いている人 - WRITER -
カズノコ
早稲田大学卒業→大手音響会社に新卒で就職→デジタルサイネージ向け動画の企画、編集などの業務に従事→田舎で映像フリーランスとして企業VP・株主総会動画・アプリ紹介動画・WEB動画教材コンテンツなど、企業様の動画コンテンツのオンライン編集をメインにお仕事を受注。 銭湯が好き。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© カズノコブログ , 2019 All Rights Reserved.