とろけるテキストの作り方/Adobe After Effects CC 2019

2019/09/27
 
この記事を書いている人 - WRITER -
カズノコ
早稲田大学卒業→大手音響会社に新卒で就職→デジタルサイネージ向け動画の企画、編集などの業務に従事→田舎で映像フリーランスとして企業VP・株主総会動画・アプリ紹介動画・WEB動画教材コンテンツなど、企業様の動画コンテンツのオンライン編集をメインにお仕事を受注。 銭湯が好き。

カズノコです。今回は、Adobe After Effects CCの標準エフェクトのみを使用して、立体的なとろけるテキストの作り方を解説します。はちみつのようにとろける感じをイメージしてみました。


手順1(テキスト作成)

コンポジションを作成

10秒のデュレーションのコンポジションを作成しましょう。
画角はフルHDの1920×1080にしました。

文字を一文字ずつ作成する

次に、文字をバラバラにそれぞれ作成します。

それぞれの文字で独立して回転させたりできるようにバラバラにしておきます。
※注意:アンカーポイントは文字の中央にしておきましょう。

今回使用したフォント:ヒラギノ角ゴ Std

タイトルアクションセーフを見ながら中央を合わせておきましょう。

手順2(テキストに基本的なアニメーションをつける)

シェイプレイヤー(テキストを隠すためのアルファマット用のシェイプになります)

次に、テキストの下に長方形のシェイプレイヤーを作ります。

シェイプの階層は一番下にしておきましょう。

位置の移動

次に、作成したテキストに動きをつけましょう。シェイプの上から下に移動するような動きをつけましょう。

次に、動きに合わせて回転をつけていきましょう。

全てのキーフレームを表示し、イージーイーズをかけておきましょう。速度グラフは下記をご参照ください。

全てのグラフを選択した状態で、前半に緩急をつけるような動きにしました。

マット調整を適用

次に、全てのテキストをシェイプに合わせてアルファマットで抜いていく作業を行います。
「エフェクト<チャンネル<マット設定」からマット設定を適用しましょう。シェイプのアルファマットをとり反転させることでテキストがシェイプに合わせて消えるアニメーションを作ることができます。

上記の図を参考に、全てのテキストにマット設定を適用しましょう。
このエフェクトは、基本的にトラックマットの機能と同じなのですが、レイヤー間の煩わしい順序を気にせずレイヤー内でトラックマットの設定が可能なのでオススメです。

マットとして使用したシェイプレイヤーを非表示にしておきましょう。

手順3(ドロドロを作る)

シェイプレイヤーで溶けた後のドロドロを作る

シェイプレイヤーを作成し、ペンツールでテキストの下側に溶けた感じのシェイプを作成しましょう。

「シェイプレイヤー<コンテンツ<シェイプ<パス」から溶ける感じの動きをつける。

シェイプのパスからキーフレームを使用して、溶けるて広がるアニメーションをつけましょう。

イージーイーズをつけて滑らかな動きにしておきましょう。また、キーフレームの始まりでレイヤーはカットしておきましょう( option + [ )。

手順4(調整レイヤーでドロドロに立体感を出す)

調整レイヤーを作成

次に、一番上の階層に調整レイヤーを作成しましょう。

調整レイヤーにエフェクト3種を適用

調整レイヤーに下記3種類のエフェクトを適用しましょう。

  1. ブラー(ガウス)
  2. レベル(個々の制御)
  3. ベジェワープ

ブラー(ガウス)は、テキストが動き始めてから下に落ちるまでの約1秒間で0〜80くらいに変化させましょう。
レベルは、アルファチャンネルのヒストグラムを中央に集めてブラーのちょうど消えるくらいのレベルに調整してみましょう。

ベジェワープは横に広がっていくディストーションを作ることができます。最後に横に広げてイージーイーズをかけて速度グラフを調整するといい感じになるのではないでしょうか。

手順5(シェイプレイヤーで光沢を作る)

最後に、調整レイヤーの下にシェイプレイヤーで白い光沢を作っていきましょう。

テキストの光沢

白色のシェイプで作ると光沢感が出ると思います。
このシェイプを定位置からテキストの動きに合わせて下に移動しながら不透明度を下げていきましょう。

ドロドロの光沢

ドロドロのところの光沢はドロドロのシェイプに合わせて白色の光沢を作り、ドロドロのシェイプの出現に合わせて出現させましょう。

まとめ

いかがでしたか?
フォトショップでブラシ機能を使用して陰影を描いたりすると、さらに味が出ると思います。
今回は、フォトショップは使わず、After Effects CCの標準機能のみを使用して、テキストアニメーションを作ってみました。
ブラー(ガウス)とレベル(個々の制御)を使用した調整レイヤーのみでほとんど溶ける感じを表現できるので、とてもお手軽な組み合わせだと思います。応用して様々な作品を作ってみましょう!

最後に、YouTubeのカズノコチェンネルではAfter Effects CCのチュートリアルなど、動画編集に役立つ情報を発信していますので、チャンネル登録よろしくお願いします。

スポンサーリンク



この記事を書いている人 - WRITER -
カズノコ
早稲田大学卒業→大手音響会社に新卒で就職→デジタルサイネージ向け動画の企画、編集などの業務に従事→田舎で映像フリーランスとして企業VP・株主総会動画・アプリ紹介動画・WEB動画教材コンテンツなど、企業様の動画コンテンツのオンライン編集をメインにお仕事を受注。 銭湯が好き。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© カズノコブログ , 2019 All Rights Reserved.