伸びる影の作り方/Adobe After Effectsの使い方

2020/08/15
 
この記事を書いている人 - WRITER -
カズノコ
早稲田大学卒業→大手音響会社に新卒で就職→デジタルサイネージ向け動画の企画、編集などの業務に従事→田舎で映像フリーランスとして企業VP・株主総会動画・アプリ紹介動画・WEB動画教材コンテンツなど、企業様の動画コンテンツのオンライン編集をメインにお仕事を受注。 銭湯が好き。

こんにちは!カズノコです!
今回は、Adobe After Effectsで伸びる影の作り方について解説します。

標準エフェクトのみでつくれる?

もちろん標準エフェクトのみで作ることができます!ただ、普通のドロップシャドウだと、オブジェクトと同じ形の影になってしまうのでひと工夫必要です。

↓エフェクトを組み合わせて伸びる影を作る場合

エフェクトを組み合わせて作るので、次回以降簡単に作れるようにアニメーションプリセットに保存しておくといいと思います

手順①:背景、テキスト、配置、配色を決める

まずは、背景となる平面レイヤー、テキスト、配置、配色を決めましょう。

配色に関しては、今回Adobe Colorテーマを使用しています。[ウィンドウ<エクステンション<Adobe Colorテーマ]から使用できます。

手順②:エフェクトを使用

今回使用するエフェクトは、下記です。

  • トランスフォーム
  • 最大最小
  • 塗り
  • CC Composite

まず、下図の通りエフェクトを適用してください。

トランスフォーム、最大/最小、トランスフォーム(二つ目)、塗り、CC Compositeの順番です。

最大/最小」はRGBAの範囲をピクセル単位を拡大、縮小するエフェクトです。
CC Composite」はオリジナルとエフェクト適用後のイメージを合成するためのエフェクトです

手順③:塗りの色を影の色に変更

塗りの色が影の色になるのでデフォルトの赤から変更しておきましょう。

手順④:最大/最小のプロパティを変更する

半径の値を増やしチャンネルをカラーとアルファに変更し、方向を垂直だけに変更しましょう。

手順⑤:トランスフォーム2のアンカーポイントにエクスプレッションを記入

エクスプレッションの記入は日本語でAEを起動している方は、下記です。

[value[0],value[1]-effect("最大/最小")("半径")]

英語でAEを起動している方は下記のエクスプレッションを記入しましょう。

[value[0],value[1]-effect("Minimax")("Radius")]

手順⑥:トランスフォーム2の回転のエクスプレッションを記入

次に、回転にもエクスプレッションを記入します。
エクスプレッションの記入は日本語でAEを起動している方は、下記です。

effect("トランスフォーム")("回転")*-1

英語でAEを起動している方は下記のエクスプレッションを記入しましょう。

effect("Transform")("Rotation")*-1

これで完成です!

名前を変更させるとさらにわかりやすいかも

今回、影の伸縮は「最大/最小」の半径を変更させると調整でき、影の回転は、はじめのトランスフォームの回転の値を変更させると調整できます。
このような時、エフェクトの名前を変更しておくと後々変更させる時に便利です。エンターキーをクリックすると名前が変更できます。

影に装飾をする時の注意点

影に装飾をする際、周囲すべきことは下記2点です。

  • エフェクトを挿入する位置は[最大/最小]と2つ目のトランスフォームの間
  • CC CompositeのRGB Onlyのチェックを外す

装飾として掛け合わせるといい感じになるエフェクト2選

  • リニアワイプ
  • ブラインド

パッと思いつくのは上記2つです。他にもまだまだできると思います!下図ご参照ください。

掛け合わせに相性のいい無料プラグイン(Animation Composer)

Animation Composerのテキストアニメーションなどを組み合わせるといい感じになります。

Animation Composerの紹介記事は下記です。

テキストアニメーションを作る無料プラグイン「Animation Composer」After Effects使い方

まとめ

いかがでしたでしょうか?一筋縄ではいかなかったかもしれませんね。
アニメーションプリセットに保存しておくと非常に便利ですので是非!

AEの勉強+お仕事をとるノウハウなどをまとめた講座のご紹介

カズノコが自らの体験を元にAfter Effectsの初心者向けに作った講座を販売しております。
After Effectsの基礎講義、提案講義、営業講義が含まれたお仕事に直結するノウハウを凝縮した講座となっております。
興味がある方は下記よりご確認ください。

After Effectsの基礎から案件獲得までのノウハウをまとめたオンライン講座

スポンサーリンク



この記事を書いている人 - WRITER -
カズノコ
早稲田大学卒業→大手音響会社に新卒で就職→デジタルサイネージ向け動画の企画、編集などの業務に従事→田舎で映像フリーランスとして企業VP・株主総会動画・アプリ紹介動画・WEB動画教材コンテンツなど、企業様の動画コンテンツのオンライン編集をメインにお仕事を受注。 銭湯が好き。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© カズノコブログ , 2020 All Rights Reserved.