炎の2Dテキストアニメーションの作り方/アフターエフェクトの使い方

2019/09/27
 
この記事を書いている人 - WRITER -
カズノコ
早稲田大学卒業→大手音響会社に新卒で就職→デジタルサイネージ向け動画の企画、編集などの業務に従事→田舎で映像フリーランスとして企業VP・株主総会動画・アプリ紹介動画・WEB動画教材コンテンツなど、企業様の動画コンテンツのオンライン編集をメインにお仕事を受注。 銭湯が好き。

カズノコです。今回は、アニメ調の炎のテキストアニメーションの作り方について解説します。もちろん、プラグインなしで作っていきます。

テキストの作成

コンポジションを作成

まず、コンポジションを作成します。フルHD[1920×1080]、デュレーション10秒のコンポジションで作っていきましょう。

テキストを作成

今回は、LuminariのRegularというフォントを使用して作成します。(変更可能です)
色もこの段階で決めておきましょう。

炎のアニメーションの作成

シェイプ1を作成

まず、炎の元となるシェイプを作成します。シェイプレイヤーを作成し、ペンツールで作成していきます。塗りは、黄色で作っていきましょう。下記のような感じで大丈夫です。

大体の大きさが形作られたら、テキストは非表示にしておきましょう。

シェイプ1を複製

シェイプ1を2つ複製し、シェイプ2、3を作ります。シェイプ3を[Flame]とリネームし、非表示にしておきましょう。Flameレイヤーは後ほど使います。

シェイプ2の色をオレンジ系のテキストに合わせておきましょう。位置とスケールを調整し、下記のように作りましょう。

この形ができたら、シェイプ2、3をプリコンポーズしておきましょう。名前は[fire]としておきましょう。

エフェクトを適用

fireのコンポジションに対してアニメーション効果をつけるためにエフェクトを適用していきます。
下記エフェクトを適用していきます。

  1. 波形ワープ
  2. タービュレントディスプレイス(2つ)

波形ワープの変更プロパティ
→波形の高さ:5
→方向:0°
→波形の速度:2

タービュレンとディスプレイス1の変更プロパティ
→変形:ツイストスムーザー
→量:25
→サイズ:40
→複雑度:2
→展開:エクスプレッション/time*100

タービュレントディスプレイス2の変更プロパティ
→変形:タービュレント
→量:25
→サイズ:40
→複雑度:2
→展開:エクスプレッション/time*150

これでこんな感じにゆらゆら揺れます。

このままでは味気ないので、もう少し炎の破片を散らす作業をしましょう。

Flameレイヤーにエフェクトを適用(炎の破片の作成)

Flameレイヤーにもfireコンポと同様に波形ワープタービュレントディスプレイスを適用します。変更するプロパティが若干違うので下記でご確認ください。

波形ワープ
<波形の高さ:5
<方向:0°
<波形の速度:1

タービュレントディスプレイス
<変形:ツイスト
<量:100
<サイズ:40
<複雑度:2.5
<展開:エクスプレッション/time*50

これで、炎の形とアニメーションの作成は完了です。

炎のアニメーションの仕上げ

炎のレイヤーをプリコンポーズ

[fire]コンポと[flame]レイヤーを[flame]を下にしてプリコンポーズしましょう。名前をfire_flameとしておきました。

fire_flameにグローを適用

次に、炎の光を表現するためにグローを2つ適用します。グロー半径が広いものと、グローしきい値の高いものの二種類に調整するといい感じのグローがかかります。

グロー1
<グローしきい値:85%
<グロー半径:55
<グロー強度:0.6

グロー2
<グローしきい値:40%
<グロー半径:350
<グロー強度:0.6

炎に命が吹き込まれましたね!

 

テキストのアニメーションを作成

さて最後に、テキストの揺らぎを作りましょう。

テキストの複製

まず、はじめに作ったテキストを複製しておきます。複製したテキストにエフェクトを適用していきます。
今まで作ったエフェクトを全て適用します。

  1. グロー2種
  2. タービュレントディスプレイス2種
  3. 波形ワープ

今まで作ったものをコピーアンドペーストで大丈夫です。

これでテキストの揺らぎができました。このテキストは一番下の階層にしておきましょう。

はじめに作ったテキストを一番上にして完成です。

まとめ

いかがでしたか?
意外と簡単にできたのではないでしょうか。アニメ調のものは他にも色々な作り方があるのでいろんな作り方を試してみてください。
また、シェイプに動きをつけたりすると、炎がダイナミックに動くところを表現することができるのは、CMなどでもよく見る演出の一つかと思います。
応用しがいのあるエフェクトですね!

スポンサーリンク



この記事を書いている人 - WRITER -
カズノコ
早稲田大学卒業→大手音響会社に新卒で就職→デジタルサイネージ向け動画の企画、編集などの業務に従事→田舎で映像フリーランスとして企業VP・株主総会動画・アプリ紹介動画・WEB動画教材コンテンツなど、企業様の動画コンテンツのオンライン編集をメインにお仕事を受注。 銭湯が好き。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© カズノコブログ , 2019 All Rights Reserved.