標準エフェクトのみでエナジーボールエフェクトを作る方法/Adobe After Effects CC

2019/09/27
 
この記事を書いている人 - WRITER -
カズノコ
早稲田大学卒業→大手音響会社に新卒で就職→デジタルサイネージ向け動画の企画、編集などの業務に従事→田舎で映像フリーランスとして企業VP・株主総会動画・アプリ紹介動画・WEB動画教材コンテンツなど、企業様の動画コンテンツのオフライン編集をメインにお仕事を受注。 銭湯が好き。

カズノコです。今回は、Adobe After Effects CCの標準エフェクトのみで、螺旋丸と千鳥を混ぜたかのようなエナジーボールエフェクトを作る方法について解説します。動画はコチラから↓

作業手順

1.コンポジション[Energy_ball_01]作成:ブラック平面[Energy_01]作成

[Energy_01] モード:通常(一番下のレイヤー)
●フラクタルノイズ適用
-フラクタルノイズの種類:ダイナミックプログレッシブ
-ノイズの種類:ソフトリニア
反転
-コントラスト:300
-明るさ:-8
-トランスフォーム<スケール:200
-展開:time*1000
●CC Glass適用
-Surface<Bump Map:なし
-ディスプレイスメント:-100
●CC sphere
Shading
-ambient:100
-Diffuse:0.0
-Specular:0.0
-Roughness:0.001
-Radius:265(大きさは任意)
[Energy_02] モード:スクリーン(濃いやつ)
●フラクタルノイズ適用
-フラクタルノイズの種類:ダイナミックプログレッシブ
-ノイズの種類:ソフトリニア
反転
-コントラスト:300
-明るさ:-90
-トランスフォーム<スケール:100
-展開:time*1000
●CC Glass適用
-Surface<Bump Map:なし
-ディスプレイスメント:-100
●CC sphere
-ambient:100
-Diffuse:0.0
-Specular:0.0
-Roughness:0.001
-Radius:265(大きさは任意)
[Energy_03] モード:スクリーン(淡いやつ)
●フラクタルノイズ適用
-フラクタルノイズの種類:ダイナミックプログレッシブ
-ノイズの種類:ソフトリニア
反転
-コントラスト:100
-明るさ:10
-展開:time*1000
-トランスフォーム<スケール:150
●CC Glass適用
-Surface<Bump Map:なし
-ディスプレイスメント:-100
●CC sphere
-ambient:100
-Diffuse:0.0
-Specular:0.0
-Roughness:0.001
-Radius:265(大きさは任意)

2.Energy_01~Energy03をプリコンポーズ[Energy_ball_02]を作成

[Energy_ball_02]の変更プロパティ
●小さめの丸のマスクを作る
-マスクの境界のぼかし:100.0 , 100.0 pixel
●タービュレントディスプレイス
-変形:タービュレント
-量:20
-サイズ:30
-展開:time*700
[Energy_ball_02]を複製
一方に下記ブラーを適用(モード:スクリーン)※ブラーを適用しない方は一番下の階層にし、モードは通常にしておく。
●CC Radial Fast Blur
-Amount:90.0
コンポジション[Energy_ball_01]内の、[Energy_02]のレイヤーをコピーアンドペースト
●フラクタルノイズ
-トランスフォーム<スケール:178(外側の球体になるように適度に調整)
-コントラスト:120
-明るさ:-43
↑上のレイヤー[Energy_02]を複製し、内側の球体を作成
●フラクタルノイズ
-トランスフォーム<スケール:178
●CC SphereのRotationをずらす。
[Energy_02]の2つのレイヤーモードをスクリーンに変更する。
プリコンポーズ[Energy_ball_03]を作成
●グローを適用
-グローしきい値:60.0%
-グロー半径:1000.0(マックス)
-グロー強度:1.0
-グローカラー:A & Bカラー
-カラーA,Bの色を選定→青っぽい二色
●CC Toner
-Midtones:青色
-Blend w. Original:36%

3動画の動きに合わせてモーショントラックのような動きをつける

今回は手の動きをうまく追えなかったので、キーフレームを打っていった。

4調整レイヤーを作成

-CC tonerで色調整

まとめ

いかがでしたか?
重くなる作業ではありますが、1つずつ手順を踏めばきっとできると思います!
スポンサーリンク



この記事を書いている人 - WRITER -
カズノコ
早稲田大学卒業→大手音響会社に新卒で就職→デジタルサイネージ向け動画の企画、編集などの業務に従事→田舎で映像フリーランスとして企業VP・株主総会動画・アプリ紹介動画・WEB動画教材コンテンツなど、企業様の動画コンテンツのオフライン編集をメインにお仕事を受注。 銭湯が好き。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© カズノコブログ , 2019 All Rights Reserved.