Element3Dの安い買い方!レビュー!/Adobe After Effects CC

 
この記事を書いている人 - WRITER -
カズノコ
早稲田大学卒業→大手音響会社に新卒で就職→デジタルサイネージ向け動画の企画、編集などの業務に従事→田舎で映像フリーランスとして企業VP・株主総会動画・アプリ紹介動画・WEB動画教材コンテンツなど、企業様の動画コンテンツのオンライン編集をメインにお仕事を受注。 銭湯が好き。

こんにちは!カズノコです!
今回は、Element3Dを買ったのでElement3Dの安い買い方について解説します!
僕自身が、購入してみて、価格帯については先に調べておけばよかったと思うところがあったのでそこについてしっかりお伝えできればと思います。

Element3Dとは

まずは、Element3Dというプラグインについて紹介します!
Element3Dとは、Video Copilot社の販売する3D描画プラグインです!

特徴

  • 動作が軽い
  • 高クオリティ
  • 3DCGソフトに比べるといじる項目が少ないので容易

注意点

  • モデリングはできない(オブジェクトデータは購入する必要がある)。
  • Pro shader2は買っといた方がいい(個人的に)

モデリングはできないものの、クオリティの高いなシェイディング外部からのモデルの読み込みオブジェクトに複製や整列簡単な変形など、かなり自由度が高いと思います。

 

価格帯

日本の販売サイトは高いので、現段階でカズノコが調べた中で一番安く購入できる海外サイトの価格で掲示します。
本家サイト(Video Copilot公式HP)、日本の代理店、海外代理店を比較したところ、海外の代理店であるToolfarmで購入するのが一番安かったです。
ちなみにカズノコは本家サイトで買ってしまったのでもう少し安く買えたなあと反省しています笑
皆さんは僕の2の足を踏まないように気をつけてください!
それでは下記におすすめの買い方をまとめます!ぶっちゃけElement3D単体で買うよりマテリアルのセットで買う方がお得だと思います。元を取れるくらい素材が充実しています。

最安値:$284.95(約30,810円)2020.03時点

こちらはElement3D本体にプラスして、Element3D専用のマテリアル素材集(Pro Shader 2)と52種類の8K環境マップを収録したライトセット(BackLight)をセットで販売しているパックです。
これはかなりおすすめです。

最安値:$237.45(約25700円)2020.03時点

最低限これは欲しいセットです。Element3D本体とPro Shader 2のみのパックです。BackLightがない分、5000円ほど安く提供してくれています。
しかし、カズノコ的には5000円を渋ってE3Dの環境マップが手に入らないのはちょっともったいない気はします。
リアルな3Dを作らない方はこちらのセットか、Element3D単体でもいいかもしれません!

3D Shader Bundleの購入はこちらから

最安値:$664.95(約72000円)2020.03時点

Element 3D本体Pro Shaders 2(マテリアル素材集)、 BackLight(環境マップ)、 Motion Design II(SF的なモデル集)、 MotionPulse(効果音パック)、 Shockwave(爆発フッテージ集)、JETSTRIKE(飛行機のモデルパック)、FLIGHT KIT(飛行機関連のフッテージ集)、METROPOLITAN(建物の3Dモデル集)の9個がセットになったパックです。

ちなみに僕はこのパックを買いました。ただ、ぶっちゃけ全部は使ってないです笑
せっかくなのでTikTokで実写合成でもしようかなと思います笑
SF、戦闘モノなどが好きな方は興奮すると思います!

Element3Dの基礎学習

基本操作はEffects Recipeがおすすめ

僕はこちらのサイトをみてElement3Dの基本操作を学びました!

http://archive.flashbackj.com/effect_recipe/element_3d/

めちゃ詳しく説明されているのでおすすめです!

チュートリアルはやはりVideo Copilot

Element3Dを作ったアンドリュークレイマーのチュートリアルは高品質だと思います。英語での解説ですが、個人的には超絶おすすめです。
僕のおすすめ学習スタイルは、「Effect Recipe」で基礎を学んで(1時間くらいでだいたいいじれるようになる)、そそられるVideo Copilotのチュートリアルをやるのが近道だと思います!YouTubeで出してくれているので、自動翻訳機能を使って字幕付きで見るとだいたい理解できます。

https://www.videocopilot.net/tutorials/

まとめ

いかがでしたでしょうか?本家サイトよりToolfarmで購入する方がむしろ安いのは意外だったかもしれませんね。
Element3Dを買う前にこの記事を見れた人はラッキーでしたね!
それではまた!

スポンサーリンク



この記事を書いている人 - WRITER -
カズノコ
早稲田大学卒業→大手音響会社に新卒で就職→デジタルサイネージ向け動画の企画、編集などの業務に従事→田舎で映像フリーランスとして企業VP・株主総会動画・アプリ紹介動画・WEB動画教材コンテンツなど、企業様の動画コンテンツのオンライン編集をメインにお仕事を受注。 銭湯が好き。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© カズノコブログ , 2020 All Rights Reserved.