簡単にできるカッコいいテキストアニメーション/アフターエフェクトでできること

2019/09/27
 
この記事を書いている人 - WRITER -
カズノコ
早稲田大学卒業→大手音響会社に新卒で就職→デジタルサイネージ向け動画の企画、編集などの業務に従事→田舎で映像フリーランスとして企業VP・株主総会動画・アプリ紹介動画・WEB動画教材コンテンツなど、企業様の動画コンテンツのオンライン編集をメインにお仕事を受注。 銭湯が好き。

カズノコです。今回は、簡単にできるテキストトランディションの方法を解説します。もちろん、プラグインなしで使えます。

手順1(テキストを作成)

コンポジション作成

5秒のデュレーションのコンポジションを作成しました。

テキスト作成

まず、コンポジション内に、二種類のテキストを作成します。
今回は、「After Effects」と「Tutorials」の文字を作成しました。

文字はこんな感じです。フォントはヒラギノ角ゴStbにしました。色は、After Effectsを灰色に、Tutrialsを黒色にしました。

 

手順2(エフェクト適用)

まず、エフェクトを適用する前に、Tutorialsレイヤーを非表示にしておきましょう。

カードワイプを適用

After Effectsのレイヤーに対して、[エフェクト<トランディション<カードワイプ]を適用しましょう。
まず、変更するプロパティは下記をご参照ください。

  1. 背面レイヤー:Tutorials(ここは、変わるレイヤーを選択します。)
  2. 行:30
  3. 列:80
  4. タイミングのランダム度:0.6

キーフレームで制御する値

キーフレームを打って制御する値は下記のものです。

  1. 変換終了(0%→100%)
  2. 位置の変位<Zの変位量(0.0→15.0→0.0)

こんな感じです!
最後に全てのキーフレームにイージーイーズをかけておきましょう。

手順3(粉砕感を増加させる)

After Effectsレイヤーを複製

After Effectsレイヤーを複製しましょう。

プロパティの変更

次に、After Effects 2レイヤーのプロパティを変更します。下記の項目を変更します。

  1. タイミングのランダム度:0.7
  2. 位置の変位[Xの変位量]:0→2.0→0
  3. 位置の変位[Yの変位量]:0→2.0→0

最後に追加したキーフレームにイージーイーズをかけて完了です。

おまけ

破片に色をつける

破片に色をつけることもできます。After Effects 2のレイヤーは破片を表現するためのレイヤーにしているので、ここに、[エフェクト<描画<塗り]を適用すると良いでしょう。

こうしてカラーを変更すると、破片に色がつき、近未来感を出したりすることもできます。


まとめ

いかがでしたでしょうか?こんなに簡単にできるとは。。。私も驚いています笑
最近流行りのVlogのタイトル出しなどにも使えそうですね!是非使ってみてください!

スポンサーリンク



この記事を書いている人 - WRITER -
カズノコ
早稲田大学卒業→大手音響会社に新卒で就職→デジタルサイネージ向け動画の企画、編集などの業務に従事→田舎で映像フリーランスとして企業VP・株主総会動画・アプリ紹介動画・WEB動画教材コンテンツなど、企業様の動画コンテンツのオンライン編集をメインにお仕事を受注。 銭湯が好き。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© カズノコブログ , 2019 All Rights Reserved.