人物が粉々になるVFX系エフェクト/Adobe After Effects CC

2020/01/10
 
この記事を書いている人 - WRITER -
カズノコ
カズノコです。 趣味は自主映画制作、写真撮影、サブカルチャー開拓、銭湯です。 映像編集(After Effects,Premiere Pro)や画像編集(Photo shop,Illustrator)についての情報を発信しています!

カズノコです。今回は、Adobe After Effects CCの標準エフェクトのみで、体が粉々に散っていくVFXを作る方法について解説します。

手順1(動画素材を適切な場所でカット)

新規コンポジションに、粉々にする体の映った動画データを配置します。

粉々になる瞬間にカットして複製(Command + shift + D)

3秒程度伸ばして、カットして複製(Command + shift + D)

こうして、3つのレイヤーができるのでまとめておきましょう。

●粉々になる直前までのレイヤー

●粉々になる瞬間から約3秒程度のレイヤー

●背景となる、人だけいないレイヤー

手順2(レイヤーの配置)

上記で分類分けした3つのレイヤーの名前をそれぞれ下記のようにリネームしておきましょう。

  1. 粉々になる直前までのレイヤー→Video_01
  2. 粉々になる瞬間から約3秒程度のレイヤー→Video_02
  3. 背景となる、人だけいないレイヤー→Background

Video_01の直後にVideo_02がくるのだが、Vdeo_02の開始位置の直下にBackgroundの開始位置も合わせて配置しておきましょう。

次に、Video_02の開始位置の粉々になる瞬間のフレームでフリーズさせておく必要があります。

そこで、粉々になる瞬間のフレームの位置で、かつVideo_02を選択した状態で、[レイヤー<時間<フレームを固定]をクリックしましょう。

Video_02の人の箇所をペンツールで切り抜く

Video_02を選択し、ペンツールで人物を切り抜きましょう。

粉々になるエフェクトを適用する

CC Scatterizeの適用

Video_02のレイヤーに対して、「エフェクト<シミュレーション<CC Scatterize」を適用します。

Scatterの値を0,500でレイヤーの端と端にキーフレームを打ちます。

これだけでも粉々になるのですが、さらにねじったりして遊んでみましょう。
今回は、Right twiftを0→90°で動かしてみました。

トランスフォーム<不透明度

最後に、Video_02のトランスフォーム<不透明度で100%→0%でキーフレームを打ち、徐々に粉を消していきましょう。

まとめ

いかがでしたか?
エフェクト一つでこんなに簡単にできるとは。。。
このエフェクトは是非覚えておきたい一つですね。
テキストをパスにトレースして適用させるとテキストアニメーションにもなりそうですね。

参考になった海外チュートリアル

スポンサーリンク



この記事を書いている人 - WRITER -
カズノコ
カズノコです。 趣味は自主映画制作、写真撮影、サブカルチャー開拓、銭湯です。 映像編集(After Effects,Premiere Pro)や画像編集(Photo shop,Illustrator)についての情報を発信しています!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© カズノコブログ , 2019 All Rights Reserved.