Macでブラシを追加する方法/Adobe Photoshop CC

2019/10/16
 
この記事を書いている人 - WRITER -
カズノコ
カズノコです。 趣味は自主映画制作、写真撮影、サブカルチャー開拓、銭湯です。 映像編集(After Effects,Premiere Pro)や画像編集(Photo shop,Illustrator)についての情報を発信しています!

カズノコです。今回は、MacユーザーがAdobe Photoshop CCのブラシを追加する方法について解説します。基本的にはWindowsユーザーも手順は同じですのでご心配なく読んでいただければと思います。

なんでブラシを追加するの?

それではまず、なざブラシを追加する必要があるのか。答えはシンプルで、初期設定のPhotoshopに備わっているブラシだけでは対応しきれない局面があるからです。また、無料で使用可能なブラシでも高品質で汎用性の高いものが多く存在するのも理由になります。

手順1(ブラシを探す)

まずは、ブラシを探します。キーワードは「Photoshop ブラシ」などで検索をかけると多くのまとまったサイトが出てきますので、吟味していき欲しいブラシが見つかったらHPに飛びましょう。

今回は、「Stipple, Hatch and Chalk Brushes for Photoshop」というブラシにしたいと思います。

手順2(ブラシファイルをダウンロード)

ブラシが決まったら、ブラシのファイルをダウンロードしましょう。

ダウンロードボタンをクリックすると、ダウンロードが開始されます。下記のようなzipファイルがダウンロードされます。

手順3(ブラシファイルを解凍、abrファイルを見つける)

次に、zipファイルを解凍しましょう。ダウンロードするものにもよりますが、解凍すると、[abr]という拡張子のファイルが出てくると思います。これが今回必要となるダウンロードファイルです。

このファイルを保存先はしっかり覚えておきましょう。

手順4(Photoshopを起動し、ブラシファイルを読み込む)

次に、Photoshopを起動しましょう。

画面はどんな感じでもいいのですが、次に操作するのは、ブラシツールです。ブラシツールをクリックしましょう。

次に、左上に出てくるブラシの形の隣の下矢印をクリックして、ブラシ種類の情報をプルダウンしましょう。

次に、右上の歯車マーク(下図①)をクリックし、ブラシを読み込む(下図②)を選択しましょう。

ここで、ダウンロードしたブラシ素材を選択します。

これで、ブラシの追加は完了です。


まとめ

いかがでしたでしょうか。無料でも十分汎用性の高いブラシがありますので、探してみてください。
これであなたも色んなブラシが使えますね!

なんとなく水彩系のブラシで作ってみた素材です↓

スポンサーリンク



この記事を書いている人 - WRITER -
カズノコ
カズノコです。 趣味は自主映画制作、写真撮影、サブカルチャー開拓、銭湯です。 映像編集(After Effects,Premiere Pro)や画像編集(Photo shop,Illustrator)についての情報を発信しています!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© カズノコブログ , 2019 All Rights Reserved.