背景テクスチャモーションの作り方/Adobe After Effects CC

2019/11/15
 
この記事を書いている人 - WRITER -
カズノコ
早稲田大学卒業→大手音響会社に新卒で就職→デジタルサイネージ向け動画の企画、編集などの業務に従事→田舎で映像フリーランスとして企業VP・株主総会動画・アプリ紹介動画・WEB動画教材コンテンツなど、企業様の動画コンテンツのオンライン編集をメインにお仕事を受注。 銭湯が好き。

カズノコです。今回は、Adobe Photoshop CCなどで作成した静止画のテクスチャを使用し、背景素材に最適なテクスチャモーションの作り方について解説します。

手順1(テクスチャの読み込み)

新規コンポジション作成

まず、新規コンポジションを作成しましょう。今回は、フルHD(1920×1080)のデュレーション5秒のコンポジションを作成します。

テクスチャにする静止画素材を読み込みましょう。(Command + I)

今回は、無料ブラシで作成したpsdデータを読み込みました。無料ブラシをphotoshopに読み込む方法はこちらからご確認いただけます。

Macでブラシを追加する方法/Adobe Photoshop CC

手順2(エフェクト適用)

モーションタイルを適用

次に、静止画のコンポジションに対して[エフェクト<スタイライズ<モーションタイル]を適用しましょう。

モーションタイルは、複製してタイル状に繰り返し並べるエフェクトです。ミラーエッジにチェックを入れてタイルの中心を移動させることで動きをつけます。

今回は、5秒間で横のx座標のタイルの中心が30000移動するようにキーフレームを打ちました。

ポスタリゼーション時間を適用

次に、[エフェクト<時間<ポスタリゼーション時間]を適用します。これは、適用するレイヤーorコンポジションのフレームレートを変更することができます。今回は、残像のあるような演出にしたので、フレームレートを10に設定しておきます。


エクスプレッションを記入

トランスフォームを適用

次に、通常のコンポジションにもともとあるものではなく、[エフェクト<ディストーション<トランスフォーム]を適用します。
そして、不透明度のストップフォッチマークを[option]を押しながらクリックするとエクスプレッションが記入できます。

今回は、wiggle変数を使用します。wiggle変数の公式は下記のような感じです。

【wiggle基本構文】
●wiggle(freq, amp)

freqが1秒あたりの変動数、ampが振幅を示しています。今回は、wiggle(20,30)にしました。

これで完成です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?他にも様々な方法はありますが、その一例として、簡単に作れますので是非活用してみてください。テクスチャを使用した演出は、今後のトレンドになる可能性が高いと思われます。また、背景が何か寂しいといった時に活躍してくれると思いますので、作ってみてください。

おすすめ記事はこちら↓

独学でAfter Effectsを学ぶのにおすすめな本【VFX・モーショングラフィックス・アニメーション】

スポンサーリンク



この記事を書いている人 - WRITER -
カズノコ
早稲田大学卒業→大手音響会社に新卒で就職→デジタルサイネージ向け動画の企画、編集などの業務に従事→田舎で映像フリーランスとして企業VP・株主総会動画・アプリ紹介動画・WEB動画教材コンテンツなど、企業様の動画コンテンツのオンライン編集をメインにお仕事を受注。 銭湯が好き。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© カズノコブログ , 2019 All Rights Reserved.