超簡単!ヌルオブジェクトとスライダー制御の使い方 / Adobe After Effects の使い方

2019/04/21
 
この記事を書いている人 - WRITER -
カズノコ
カズノコです。 趣味は自主映画制作、写真撮影、サブカルチャー開拓、銭湯です。 映像編集(After Effects,Premiere Pro)や画像編集(Photo shop,Illustrator)についての情報を発信しています!

カズノコ(@kazunokoblog)です。今回は、After Effects のヌルオブジェクトレイヤースライダー制御について誰よりも簡単に解説します。

具体的にヌルオブジェクトレイヤーを使用し、スライダー制御(数値を変化させること)を行い、複数のレイヤーの数値を一括管理します。図をご参照ください。二つの図形を同じようにくるくる回してみましょう。

※当記事ではAdobe After Effects CC 2019での解説になりますがCS以降のバージョンではどのバージョンでも対応しています。CSシリーズでも機能はありますので、参考になると思います。


After Effects はAdobe製品ではよくあるレイヤーの機能を使用し編集を行います。しかし、初めてAfter Effectsの勉強をはじめた人は他のAdobe製品にはないようなレイヤーがちょくちょくあることに戸惑うと思います。

After Effects のレイヤーの種類

それではまず、After Effects に装備されているレイヤーの種類を簡単に解説します。

テキストレイヤー

文字を入力するためのレイヤーです。3Dテキストを簡単に作成したり、縁取りしテロップのようにしたり、文字にアニメーションをつけたりすることが可能です。タイポグラフィーを作成する時にもAfter Effectsのテキストは非常に使いやすいです。Adobe Premire Pro でも同じような機能はありますが、Adobe After Effects のテキストは比にならないほど多くの表現ができます。

平面レイヤー

色のついたシンプルな平面素材です。最も使用頻度の高いレイヤーかもしれません。この平面レイヤーにエフェクトを適用し、複雑な映像効果を生んでいきます。After Effects のエフェクトは基本的に平面レイヤーに適用します。

カメラレイヤー

奥行きのある動きをつけたり、3D空間を作り上げるためのレイヤーです。立体的な空間で効果を発揮するエフェクトなどに用いられます。

ライトレイヤー

コンポジション内にあるレイヤーに対して照明効果を与えます。蛍光灯のように全体を明るくする種類もあれば、スポットライトのように一部に光を集中させるようなものもあります。それぞれの作品に合ったライトの種類を選び、光をカスタマイズしていく必要があります。照明効果を出すことで、立体感を演出することができるので、ライトレイヤーについても勉強していく価値はあると思います。注意点として、ライトレイヤーを使用する際、適用するレイヤーが3Dレイヤーになっていないと実行できないということが挙げられます。

調整レイヤー

調整レイヤーは簡単にいうと透明なレイヤーのことです。透明なレイヤーの利点は、そのレイヤー(調整レイヤー)より下のレイヤー全てにエフェクト等を適用することができるということです。使用用途は一概には言えませんが、色調補正エフェクトなどに使用されることが多いです。透明なことを生かした演出が可能です。

ヌルオブジェクトレイヤー

簡単にいうと、指示出しを行うためによく用いられるレイヤーです。後述するものを見ていただけるとわかると思うのですが、ヌルオブジェクトレイヤーはプロパティが非表示である、という特性を持っています。レイヤーと親子関係を結ぶことで、指示出しを一括管理できるメリットがあります。

シェイプレイヤー

「長方形ツール、角丸長方形ツール、楕円形ツール、多角形ツール、スターツール」の5種類のツールを使用し、形を作れるレイヤーです。ベースとなる形からパスを使って様々な形を作成できます。色も変えられたりするので、After Effectsを使用したデザインも可能です。

二つのレイヤーに同じ回転の動きをつける方法

それぞれのレイヤーについてなんとなくわかったところで、今回はAfter Effects 特有のレイヤーである「ヌルオブジェクトレイヤー」を使用したスライダー制御について解説していきたいと思います。今回ご紹介するものは、After Effects を使用したエクスプレッション操作の基礎的なものになるので、「ヌルオブジェクト」や「スライダー制御」や「エクスプレッション」という言葉を初めて聞いた方は必見です!

動かしたい素材を配置する

それではまず、背景となる素材と、動かしたい素材を読み込み、配置します。

ファイル<読み込み<ファイル」または、「Mac:Command + I Win:Ctrl + I 」のショートカットキーまたは、「素材をドラッグアンドドロップ」で素材は読み込めます。動かしたい素材は背景の上に配置するようにしましょう。

ヌルオブジェクトレイヤーを作成

次に、ヌルオブジェクトレイヤーを作成します。

ヌルオブジェクトレイヤーは「レイヤー<新規<ヌルオブジェクト」で作成できます。ヌルオブジェクトレイヤーをとりあえず一番上においておきましょう。

スライダーを適用

次に、ヌルオブジェクトレイヤーにスライダーを適用させていきます。

スライダー制御はヌルオブジェクトレイヤーを選択し「エフェクト<エクスプレッション制御」のタブをクリックすることで適用できます。または、エフェクト&プリセットのメニューから「スライダー」と検索し、スライダー制御のタブをヌルオブジェクトレイヤーへドラッグすることでも適用することができます。

スライダー制御とは

スライダー制御とは、連続的な数字を表している機能です。After Effects ではエクスプレッション言語を入力することでこの連続的な数字を変数に置き換えることができます。

エクスプレッションを書く

それでは次に、ヌルオブジェクトに適用したスライダー制御にエクスプレッションを書いていきます。エクスプレッションは、スライダーの左横にある時計のマークを【Mac:Altキー、Win:optionキー】を押しながらクリックします。

すると、右のタイムライン上にエクスプレッションを記入するための場所が出てきます。今回は、「1秒間に360増加する」という意味の「time*360」と入力します。この数値は、1秒間に360度(1回転)させるために入力します。

よく使うエクスプレッションについては後日記事にしようと思います。

動かしたいレイヤーとスライダーをつなぐ

それでは最後に、回転させたいレイヤー(今回は丸と三角)内の「トランスフォーム<回転」の右横のくるくるボタンとスライダーをつなぎ、複数のレイヤーに対して同じ動きをつけていきます。※図参照

「丸」と「四角」のレイヤーの回転の右横くるくるボタンとスライダーを繋ぐと、スライダーの動きとレイヤーの回転の動きが同期するようになります。

これで完成です。再生すると、綺麗にくるくると図形が同じように回ります。

まとめ

今回はAfter Effects における「ヌルオブジェクト」、「スライダー制御」、「エクスプレッション」の基本的な使い方について解説しました。思ったより簡単にできたと思います。しかし、これは基本的な説明にすぎません。今日学んだことを応用し、更にクオリティの高いオリジナリティのあるコンテンツを制作しましょう!それではまた〜。

スポンサーリンク



この記事を書いている人 - WRITER -
カズノコ
カズノコです。 趣味は自主映画制作、写真撮影、サブカルチャー開拓、銭湯です。 映像編集(After Effects,Premiere Pro)や画像編集(Photo shop,Illustrator)についての情報を発信しています!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© カズノコブログ , 2019 All Rights Reserved.