Adobe After Effects の使い方 / 基本設定

2019/04/21
 
この記事を書いている人 - WRITER -
カズノコ
早稲田大学卒業→大手音響会社に新卒で就職→デジタルサイネージ向け動画の企画、編集などの業務に従事→田舎で映像フリーランスとして企業VP・株主総会動画・アプリ紹介動画・WEB動画教材コンテンツなど、企業様の動画コンテンツのオンライン編集をメインにお仕事を受注。 銭湯が好き。

どうも!カズノコ(@kazunokoblog)です!

映像編集の上級者向けソフトウェア「Adobe After Effects」の使い方について解説していこうと思います。まずは、基本設定についてです。

バージョンは「Adobe After Effect CC 2019」での解説になりますが、基本的にどのバージョンでも共通するような基礎知識になります。

Adobe After Effectsとは

Adobe After Effectとは、アドビシステム社の販売しているモーショングラフィックスやVFXに特化したソフトウェアです。

テレビ番組のオープニングや映画のタイトルアニメーション、VFX編集、WEB用のビジュアルエフェクトとして使用されることが多いようです。

また、Adobeの他のソフトウェアとの互換性があるので、PhotoshopやIllustratorやPremiere ProやAuditionなどとの連携により映像編集のワークフローをAdobe製品内で完結することができます。カズノコは結婚式のムービー編集の依頼なんかで、このソフトが欠かせません。是非使用してみてください。

初期設定について

立ち上げ

まず、After Effectを立ち上げると、このような画面が出てきます。

これは、左側の「新規プロジェクト」をクリックしてください。

ワークスペースについて

クリックすると次のような画面が出てきます。これが「ワークスペース」と呼ばれる編集作業を行うための画面です。(カスタマイズし作業を整理整頓することも可能です!デュアルディスプレイにしたりした時などにカスタマイズすることをオススメします。

新規コンポジション作成

次に行う作業は「コンポジションを作成」することです。コンポジションとは、1つのタイムラインの中で映像を構成するため要素です。最初はチンプンカンプンかもしれませんが、まずはやってみましょう!

コンポジションを作成するためには、下記ような方法があります。どの方法でもできます!

  • 真ん中の「新規コンポジション」をクリック
  • 左側にある小さなアイコンをクリック(画像参照)
  • ショートカットキーの使用 Command + N (Mac)、Ctrl + N (Win)

そうすると、次のような「コンポジション設定」の画面が出てきます。

これは、作る映像によって設定が変わってきます。1つずつ解説していきます。

① コンポジション名

コンポジション名は正直はじめはなんでもいいです。後でも変えられるので。

② プリセット

ここをプルダウンするとブワァァァァァァ!と出てくると思います。

これは、これ以下の設定を簡略化するためのデフォルト設定と言っていいでしょう。例えば、一番上の NTSC DV は NTSC(National Television System Commitee)とDV(Digital Video)の造語となっており、全米のテレビ放送標準のビデオ規格ということです。日本のテレビもNTSCの形式を採用しています。昔のテレビを思い出すと、縦横比が4:3でしたね。この形式が「NTSC DV」なのです。このあたりのプリセット設定でわからないものはググれば出てきます。

今回は、すべて自力でプリセット設定をしてみましょう。これができれば基本的な映像の知識が身につきます。

さて、自力でプリセットを設定するためには、このプリセットの項目は「カスタム」にしましょう。その名の通り自力でプリセットをカスタマイズするという意味です。

③ 画面アスペクト比

幅と高さは画面のアスペクト比のことです。はじめに設定します。参考までに、テレビでよく使用されるアスペクト比は整数比で表すと16:9です。映画のような横に長いアスペクト比については種類が多く存在しますのでWikipediaなどを参照してみてください。ただし、ここで記入する数値はピクセル数に合わせる必要があります。一般的なPCでの編集であればフルHD画質である「幅:1920、高さ:1080」の16:9規格で良いと思います。4K等の編集作業は一般的なPCでは非常に動作が重くなる可能性があるので、まずはフルHDまたはHD画質での編集をしてみると良いでしょう。

今回はフルHD画質の16:9の「幅:1920、高さ:1080」で設定しようと思います。

※ここは、作りたい作品、納品の形式に合わせて数値を変えてください。

④ ピクセル縦横比

プルダウンするとこのような項目が出てきます。

基本的にPCでデータとして扱うピクセルアスペクト比は1:1(正方形ピクセル)です。しかし、DVDや放送媒体に映像をのせる際、最適なピクセル比が画面アスペクト比によって異なる。こちらを参照ください。

⑤ フレームレート

フレームレート(フレーム/秒)とは、1秒間に何回静止画が変わる映像になるのかを表す数値です。フレ数等と呼ばれることもあります。映像をどのような質感にするかによって数値が変わってきます。カズノコの肌感として、最近流行のYouTube動画等の目的をしっかりと決めたような映像コンテンツには30フレームレートが使われることが多く、映画などの芸術としての映像コンテンツには24フレームレートが使われることが多いように思います。しかしこれも制作者の考えや、納品先の形式に依存することが多いので一概にコレがいい!とは断言できません。

⑥ 解像度

ここでの解像度は、最終的にエンコードする際の解像度のことではないのでご注意ください。では、なんの解像度なのかというと編集する際のプレビュー画面の解像度です。ですので、PCのスペックが低くて、かつ細部までそこまでこだわらない編集の場合はここの解像度を低く設定していいと思います。ここを低く設定すると、動作が軽くなります。反対にこの解像度をフル画質にすると、最終的に出来上がる解像度での編集になるため、より正確な色情報を得ながら編集できます。

⑦ タイムコード、デュレーション

開始タイムコードは0:00:00:00で大丈夫です。デュレーションとは、制作する映像の尺です。

⑧ 背景色

ここは何色でもいいです。その名の通り、そのコンポジションに何の素材もない時の色(背景色)になります。また、編集画面でもレイヤーを重ねることで背景の色は変わるので、ここは特に気にしなくてOKです。基本的に出来上がる映像は隙間なく素材が埋め込まれます。強いて言うなら白か黒が汎用性もあり良いと思います。

After Effects を使用する上で理解しておくとよい基礎知識(図解!)

さて、ここまでAfter Effectsの基本設定を解説してきましたが、ソフトウェアについての全貌が見えないと思います。ですので、図解でAfter Effectsの基礎知識を表したのでご覧ください。

これで、基礎的な After Effects の設定は完了です!クリエイティブの世界へようこそ!

スポンサーリンク



この記事を書いている人 - WRITER -
カズノコ
早稲田大学卒業→大手音響会社に新卒で就職→デジタルサイネージ向け動画の企画、編集などの業務に従事→田舎で映像フリーランスとして企業VP・株主総会動画・アプリ紹介動画・WEB動画教材コンテンツなど、企業様の動画コンテンツのオンライン編集をメインにお仕事を受注。 銭湯が好き。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© カズノコブログ , 2019 All Rights Reserved.