Adobe After Effects CCでテキストのパスをトレースする方法

 
この記事を書いている人 - WRITER -
カズノコ
早稲田大学卒業→大手音響会社に新卒で就職→デジタルサイネージ向け動画の企画、編集などの業務に従事→田舎で映像フリーランスとして企業VP・株主総会動画・アプリ紹介動画・WEB動画教材コンテンツなど、企業様の動画コンテンツのオフライン編集をメインにお仕事を受注。 銭湯が好き。

カズノコ(@kazunokoblog)です。Adobe After Effects CCでテキストのパスをトレースする方法についてメモします。

テキスト打ち込む

テキストレイヤーでテキストを打ち込みます。

パスのトレース

次にパスをトレースします。パスのトレースは、[レイヤー]<[オートトレース]をクリックすると、自動的にトレースが完了します。

タイムラインにマスクで無数のキーフレームが打たれたレイヤーができるので、キーフレームを1つだけ残してあとは全て消せば使えました。


まとめ

テキストの輪郭にストロークエフェウトを作るためにパスをトレースしました。
YouTube動画[Create Stroke Effect in After Effects]を参考に作りました。

スポンサーリンク



この記事を書いている人 - WRITER -
カズノコ
早稲田大学卒業→大手音響会社に新卒で就職→デジタルサイネージ向け動画の企画、編集などの業務に従事→田舎で映像フリーランスとして企業VP・株主総会動画・アプリ紹介動画・WEB動画教材コンテンツなど、企業様の動画コンテンツのオフライン編集をメインにお仕事を受注。 銭湯が好き。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© カズノコブログ , 2019 All Rights Reserved.