動画を逆再生する方法/After Effects CC 使い方

 
この記事を書いている人 - WRITER -
カズノコ
早稲田大学卒業→大手音響会社に新卒で就職→デジタルサイネージ向け動画の企画、編集などの業務に従事→田舎で映像フリーランスとして企業VP・株主総会動画・アプリ紹介動画・WEB動画教材コンテンツなど、企業様の動画コンテンツのオンライン編集をメインにお仕事を受注。 銭湯が好き。

カズノコ(@kazunokoblog)です。今回は、Adobe After Effects CCで逆再生する方法について解説します。Adobe After Effectsでは時間の伸縮や反転の概念がエフェクトを使うことに執着すると忘れがちになってしまうので、ここで簡単にできる逆再生についておさらいしてみましょう。

動画を逆再生させる手順

手順は超簡単です。

  1. 逆再生する動画素材をワークスペースにレイヤーとして配置
  2. [レイヤー]<[時間]<[時間反転レイヤー]適用

このような手順で時間を簡単に反転させることができます。2番目の[時間反転レイヤーの適用]に関しては、ショートカットキーを使えば一発なのでそちらも紹介します。

解説

動画素材の読み込み

それではまず、Adobe After Effects CCを立ち上げ、コンポジションを作成します。
作成したコンポジション内に動画素材をレイヤーとして読み込みましょう。動画素材の読み込みは、ショートカット(Command + I)で読み込めます。素材を読み込んだら、ワークスペースへドラッグしレイヤーとして配置しておきます。

レイヤー選択&時間反転レイヤーの適用

次に、ワークスペースに配置した動画素材のレイヤーを選択した状態で、
[レイヤー]<[時間]<[時間反転レイヤー]をクリックし、時間反転レイヤーを適用します。
これで選択したレイヤーは逆再生した動画素材に変わります。

 

時間反転レイヤーのショートカットキー

ショートカットで一発で逆再生したい人はレイヤーを選択した状態で下記のショートカットキーをご使用ください!

[alt] + [command] + [R]

このコマンドで、[レイヤー]<[時間]<[時間反転レイヤー]をクリックするのと同じ結果が得られます。

まとめ

音と映像をシンクロさせる際に最も重要なのは、時間のコントロールです。
逆再生や、スローモーション、ストップモーションを効果的に映像演出に取り入れられれば、映像ならではの価値が付加された映像に仕上がると思います。After Effects は映像演出の中でも、エフェクトやCGを0から作れることで有名ですが、時間コントロールも含め、非常に高い精度で調整することができます。初めはAfter Effectsにはもともと備わっている機能が多いため、挫折しがちです。しかし、やってみたい映像演出をテレビや映画から見つけ、それをAfter Effectsで再現してみることをオススメします。現在はYouTubeや書籍で様々なチュートリアルが存在します。それらを1つずつこなしてみてください。徐々に自分の糧になっていくはずです。私のブログでも初心者にもわかりやすいようにAfter Effectsの使い方を解説しているので、是非コツコツ学んでみてください!

スポンサーリンク



この記事を書いている人 - WRITER -
カズノコ
早稲田大学卒業→大手音響会社に新卒で就職→デジタルサイネージ向け動画の企画、編集などの業務に従事→田舎で映像フリーランスとして企業VP・株主総会動画・アプリ紹介動画・WEB動画教材コンテンツなど、企業様の動画コンテンツのオンライン編集をメインにお仕事を受注。 銭湯が好き。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© カズノコブログ , 2019 All Rights Reserved.