【最新】Adobe Photoshop CC 2019 / 簡単なテロップの作り方

2019/04/21
 
この記事を書いている人 - WRITER -
カズノコ
早稲田大学卒業→大手音響会社に新卒で就職→デジタルサイネージ向け動画の企画、編集などの業務に従事→田舎で映像フリーランスとして企業VP・株主総会動画・アプリ紹介動画・WEB動画教材コンテンツなど、企業様の動画コンテンツのオンライン編集をメインにお仕事を受注。 銭湯が好き。

カズノコ(@kazunokoblog)です。

本日は、画像編集ソフト「Adobe Photoshop CC2019」でテロップを作る方法について解説します。最近は動画をYouTubeにあげる人も多いのではないでしょうか。間違った方法でテロップを作ってしまうと、縁がギザギザになってしまったり、意図せぬ表現手法ができてしまいます。そこで今回は、私の知っている誰でも簡単に作れるテロップの作成方法について解説したいと思います。動画に入れるテロップ、またサムネイルを作る際にもこの手法は便利だと思うので、覚えておいて損はないと思います。逆に、よくあるPhotoshopでのテロップ作成のミスについても作例と共にお伝えします!

Adobe Photoshop とは

Adobe Photoshop とは、主に写真や画像編集を行うソフトウェアとして映像・イラスト・グラフィック・印刷業界等で代表的な存在感を放っています。Adobe Photoshop は現在2019年時点では編集用途によってアプリケーションを分けて使用されています。詳細は以下のようになっています。

Adobe Photoshop CC

プロフェッショナル画像編集ツールです。画像編集に関してはこれで大体のことができます。Photoshop関連製品の中では最も使用可能範囲が広いです。

Adobe Photoshop Lightroom CC

カメラで撮った写真のRAW現像や写真の整理、色調補正などの簡単な編集作業に特化したアプリケーションです。このアプリケーションの特出すべきは、写真整理から写真のURLを使ったインターネット公開までできてしまうことです。最初に使った時は驚きました。自分が今まで撮った写真を簡単にクラウド上で整理し、公開までできるのはかなりありがたい機能でした。スマホでもアプリをインストールしておけば簡単に使用することができるので、多くの写真家も愛用しているのではないでしょうか。

Adobe Lightroom Classic CC

Adobe Lightroom Classic CCはデスクトップPCでの写真編集に特化したアプリケーションです。ですので、スマホで編集を完結するならAdobe Photoshop Lightroom CC、ローカルのハードディスクで写真管理をする方や撮った写真は一度持ち帰ってデスクトップPCでじっくり作業したい人にはAdobe Lightroom Classic CC が向いています。

Adobe  Photoshop Elements

Adobe Photoshop Elements はAdobe Photoshop より安価に一般向けに開発された画像編集ソフトウェアです。正直これでも汎用性の高い操作はできますし、PC上での作業では十分すぎる機能が備わっています。ただ、一つ注意しておかなければならない点があります。それは、カラーモードの種類のうち、CMYKと16bit・32bitチャンネルが利用できないということです。CMYKのカラーモードは印刷に最適化されたモードですので、業界水準がこのモードになっています。もし作成したデータの入稿まで検討している方は、上記のPhotoshopシリーズをおすすめします。

テロップ作成方法

さて、Adobe Photoshop の関連ソフトウェアについて説明してきましたが、ここからはAdobe Photoshop CC 2019 でテロップを作成する方法について解説します。これから解説する方法は、めちゃくちゃ簡単です。2分でできるようになります。

背景素材の読み込み

まず、Adobe Photoshop CCを立ち上げ、背景素材を読み込みます。

新規平面レイヤーを作成します。

文字の入力

次に、背景素材の上のレイヤーに文字を入力します。

今回は、「桜がきれいですね〜」と入力します。今回は、より見やすいゴシック体で入力します。(入力しているフォント:ヒラギノ角ゴ StbN

文字色の変更

次に文字の色を変更します。今回は桜っぽいピンクにしましょう!まず、右のワークフローのうち、文字の設定を開きます。その中のカラーをクリックします。すると、カラーピッカーと呼ばれるレイヤー内の色の決定をする設定ボックスが出てきます。今回の場合は、文字、つまり「テキストカラー」のカラーピッカーということになります。

このカラーピッカーを使用した色選定の方法は2つあります。

1つ目:視覚的に色を選定する方法

これですね。ココで直感的に色を選定します。

一番広いワークスペースで「白、黒、指定カラー」で明度の調整が行えます。右のカラフルなバーで色を決定します。この二つの要因によって色を決定します。

2つ目:HTMLカラーコードを入力する

これは、色彩の勉強をしている人はわかると思いますが説明します。プログラミング言語(HTML等)では、色情報をアルファベットと数字によって構成されるコードで取得しています。このコードは全て覚えることはほぼ不可能ですが、名前のついた色はほとんどがコードで書くことができます。原色大辞典というサイトでよく知る色からマニアックな色までコードが記載されているので、リンクをご参照してみてください。このカラーコードを入力するのがカラーピッカーの右下の方にある「#」の隣の枠です。

 

境界線の調整

さあ、文字の色も決まったら次は文字の枠を作ります。めちゃくちゃ簡単です。

まず、「レイヤーの名前の右側あたりをダブルクリック」または「下の方にあるfxと書かれているコマンドをクリックし、境界線を選ぶ」ことをしてください。すると、下のような画面(レイヤースタイル管理画面)が出てくると思います。

そして、境界線というところをクリックし、チェックを入れてください。(fxボタンで境界線を選択した人は境界線のチェックが入った状態で出てくると思います。)

チェックを入れると、境界線のスタイル設定の詳細を決めることができます。下記をご参照ください。

主に調整するのは「構造の中のサイズ・位置・不透明度・塗りつぶしのカラー」の4つです。今回は、「サイズ:8px、位置:外側、不透明度:83%、カラー:白」にしてみました。

さあこれでOKを押すと、2分でできるテロップの完成です!さあ、境界線があるものとないものの比較をして見ましょう!

境界線を制するものは、テロップを制する!

やらないほうがいいテロップ作例

さてそれでは、よくやられる汚いテロップの作例を紹介します。次の画像をご覧ください。

わかりますでしょうか? 「桜」や「麗」の字の角にギザギザのノイズがはしっていますね。

これは Adobe Illastrator で作成したものです。作り方は、文字のレイヤーを複製し、下の文字レイヤーの「アピアランス<線」の太さを太くし、全て書き出すというものです。この程度であればまだ許容範囲かもしれないのですが。酷いものになると、字の3分の1くらいがノイズになることもあります。ですので、見栄えはあまりよくありませんね。この問題は、Adobe Photoshop CC による上記の方法で解決できますので、見栄えのよいテロップ作りを心がけましょう。

まとめ

今回は、Adobe Photoshop CC による簡単なテロップの作り方を解説しました。境界線を使用したテロップを作りましたが、Adobe Photoshop CC のレイヤースタイルには境界線以外にも様々な機能が標準装備されていますので、是非触りながら楽しんでください!

それではまたお会いしましょう!

スポンサーリンク



この記事を書いている人 - WRITER -
カズノコ
早稲田大学卒業→大手音響会社に新卒で就職→デジタルサイネージ向け動画の企画、編集などの業務に従事→田舎で映像フリーランスとして企業VP・株主総会動画・アプリ紹介動画・WEB動画教材コンテンツなど、企業様の動画コンテンツのオンライン編集をメインにお仕事を受注。 銭湯が好き。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© カズノコブログ , 2019 All Rights Reserved.