Adobe After Effects CCでスクリプトを入れる方法

2019/11/15
 
この記事を書いている人 - WRITER -
カズノコ
カズノコです。 趣味は自主映画制作、写真撮影、サブカルチャー開拓、銭湯です。 映像編集(After Effects,Premiere Pro)や画像編集(Photo shop,Illustrator)についての情報を発信しています!

カズノコです。今回は、Adobe After Effects CCでスクリプトを入れる方法について解説します。たまにTwitterや海外HPで無料配布されることもしばしばあるスクリプトですが、ダウンロードしても、適用方法がよくわからないという方に向けた解説になります。単発でスクリプトを適用する方法もありますが、この記事を見ている方はおそらくAfter Effects CCを起動した時は毎度スクリプトが入っている状態にしたいと思いますので、その方法について述べます。

手順1(スクリプトのダウンロード)

まず、スクリプトをダウンロードしましょう。今回は、Yしめぢさんの無料配布していた「GG 文解」というスクリプトをダウンロードしていきます。

全AE使い待望の神スクリプトの配布に感謝いたします。
ダウンロードすると、zipファイルが出てくるかと思います。

こちらをダブルクリックして解凍します。

手順2(アプリケーション内のAEフォルダに格納)

次に、Macの場合はFinderからアプリケーション内のAfter Effects内のフォルダのから[アプリケーション<Adobe After Effects CC(バージョン)<Scripts<ScriptUI Panels]の中に格納されていたフォルダ内のデータを全てコピーアンドペーストで移動させてください。この時、PCのパスワードを求められるかもしれませんのでパスワードを打ち込んでください。


手順3(AEを起動してスクリプトの適用場所を確認)

さて、これでスクリプトを入れる作業は完了です。After Effectsを立ち上げてみましょう。

ウィンドウの下の方に出ていると思います、のでこちらをクリックすると適用されます。

トラブルシューティング

AE 行1のスクリプトを実行できません。 bookは未定義です。

このエラー文がでた場合は、一度スクリプトをAE内のフォルダから削除してから再度入れ直してみましょう。

バージョンが変わるとスクリプトが入っていない

変わったバージョンのAEフォルダにスクリプトを入れ直しましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?今後、有料プラグインを入れていく際もフォルダを分けて同じような手順で行っていくので、是非覚えておいてください。

おすすめ記事はこちら↓

独学でAfter Effectsを学ぶのにおすすめな本【VFX・モーショングラフィックス・アニメーション】

スポンサーリンク



この記事を書いている人 - WRITER -
カズノコ
カズノコです。 趣味は自主映画制作、写真撮影、サブカルチャー開拓、銭湯です。 映像編集(After Effects,Premiere Pro)や画像編集(Photo shop,Illustrator)についての情報を発信しています!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© カズノコブログ , 2019 All Rights Reserved.